2008年03月29日

名人戦より第5戦

【コメント返し】

・わし(TOT)さん

私だったら問題でも解けなかったと思います。一度こういった手筋で打ちたい!と思うと他の手が見えにくくなりますよね。そこら辺の柔軟性が欲しい。。。。。

・ ホイールさん

B2,そうなんですよね。対局中には全然気がつきませんでした。今後また同じような局面になることがあっても打てないような気がします(汗;


【本文】

・名人戦より第5戦

080323T條1.png
黒 田中(二段) 黒番
白 T條四段 

4回戦を終えた時点で2勝2敗でポイントは7。他の人達の結果を見た感じでは三段昇段資格の8位以内に入ることが出来るか出来ないかの際どい位置にいるようだったので、かすかな希望を持って臨んだ最終局。T條さんともなかなか対局機会が無さそうなので、とりあえず無難な進行を選んで迎えた上図。どこに打っても悪そうだが、そういう時は単に良い手が見えていないだけのことが多い。ここで打ったF2は悪手で、せっかくD4の種石を消したのにF4に入られ、さらに次にF3を狙われる。(下図)

080323T條2.png
黒 田中(二段) 黒番
白 T條四段 

こうなっては意地でもF3に先着するしかないだろう。悪いのを承知でF3と打った。

080323T條3.png
黒 田中(二段) 黒番
白 T條四段 

そしてここではA4と打つとB3に打たれるのが嫌だったのでF8に打ったのがさらなる悪手。白A4とつけられて黒もA5と取るしかなかった。

080323T條4.png
黒 田中(二段) 黒番
白 T條四段 

かなり不利な形勢だが、ここで打った黒D1に僅かな望みをかけた。白がC1と取ってくれれば左上に黒からしか入れない5個空きが出来る。実戦では白F7黒H6の次に白がC1と取ってきてチャンス到来!

080323T條5.png
黒 田中(二段)
白 T條四段  白番

そしてここでのH4が白の敗着となった。黒H5によって白はブラックラインもホワイトラインも通しきれなくなったのである。白G2と打ってきたが(下図)

080323T條6.png
黒 田中(二段) 黒番
白 T條四段 

ここでC2とぶった切って勝利は決まった。残念ながら9位とあと一歩届かなかったが、何よりも面白いオセロが出来たことが今回の名人戦での一番の財産である。
posted by たなか@とうかい at 23:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。