2008年03月31日

ちょっと宣伝

【コメント返し】

・リンダマンさん

せっかく浜松まで来ていただいたのに参加出来なくてすみませんでした。地元の大会に出られないというのは何とも悲しいものです。

リンダマンさんのブログも拝見させていただきました。これからは日課としてチェックさせていただきますね〜♪

対戦する機会はこれからいくらでもあると思いますので、どうかよろしくお願いします。その時にはしっかりネタにさせていただきます(笑)

しかし、かなりお強いようで・・・・・
ネタにされるのは私の方になりそうです。(汗;


【本文】

今日はオセロとは関係の無い話題ですが、ちょっと宣伝させていただきます。再来週の4月13日(日)、焼津市文化センターにおいて私が入っている楽団の演奏会があります。

http://www.h6.dion.ne.jp/~suruga/4teiki-poster.html


この日は静岡県選手権をはじめ、新潟県定期オセロ大会、水戸定例会、川越順位戦、流山オープン、京都オセロクラブ定例会と大会が目白押しで、ここで宣伝しても効果ゼロでしょうけれど・・・・・・

posted by たなか@とうかい at 23:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

3月の結果

【コメント返し】

・ちぷさん

ちぷさんが参加していたら上位地区の選手をバンバン倒して違う結果になっていたことでしょう。
浜松例会はお疲れさまでした。行きたかったなぁ。。。。。


【本文】

・3月の結果

参加4大会 23戦12勝11敗 (43−34)※カッコ内は年間通算成績


対六段戦 0−1 ( 0− 1)
対五段戦 2−1 ( 5− 6)
対四段戦 2−1 ( 4−10)
対三段戦 1−4 ( 5− 7)
対二段戦 4−1 (10− 4)
対初段戦 1−2 ( 7− 4)
対無級戦 2−1 ( 3− 1)


先月やっと対三段戦で勝ちが先行したのだが、また負け越しになってしまったのは残念。しかし今月は五段と四段に勝ち越すことが出来たのは自分でもビックリである。
あと無級の人に今年初めて負けてしまったのだが、その人はその大会で初段の権利を取得していたので、まぁ仕方の無いところだろう。


・伏石別勝敗


伏石の勝敗       :6−5(23−30)
伏石勝ちの時の対戦の勝敗:4−2(12−11)
伏石負けの時の対戦の勝敗:3−2(18−12)
黒での勝敗       :7−6(21−21)
白での勝敗       :5−5(22−13)

伏石で勝って黒を選択            :2−0(2−2)
伏石で勝って白を選択            :1−1(6−3)
伏石で勝って分勝を選択し、相手が黒を選択  :0−1(0−3)
伏石で勝って分勝を選択し、相手が白を選択  :1−0(4−3)
伏石で負けて相手が黒を選択         :0−0(6−1)
伏石で負けて相手が白を選択         :2−0(9−3)
伏石で負けて相手が分勝を選択し、私が黒を選択:1−2(1−6)
伏石で負けて相手が分勝を選択し、私が白を選択:0−0(2−2)
引き分けありルールで自動的に黒       :1−4(5−7)
引き分けありルールで自動的に白       :4−3(8−4)


今月は黒で勝ち越せたのが嬉しかった。今までは自分より上の段位の人と打つ時には黒を選ぶ傾向があったが、これを気に下の段級位の人と打つ時でも相手を見ながら黒を選ぶことも考えていきたい。
posted by たなか@とうかい at 21:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

名人戦より第5戦

【コメント返し】

・わし(TOT)さん

私だったら問題でも解けなかったと思います。一度こういった手筋で打ちたい!と思うと他の手が見えにくくなりますよね。そこら辺の柔軟性が欲しい。。。。。

・ ホイールさん

B2,そうなんですよね。対局中には全然気がつきませんでした。今後また同じような局面になることがあっても打てないような気がします(汗;


【本文】

・名人戦より第5戦

080323T條1.png
黒 田中(二段) 黒番
白 T條四段 

4回戦を終えた時点で2勝2敗でポイントは7。他の人達の結果を見た感じでは三段昇段資格の8位以内に入ることが出来るか出来ないかの際どい位置にいるようだったので、かすかな希望を持って臨んだ最終局。T條さんともなかなか対局機会が無さそうなので、とりあえず無難な進行を選んで迎えた上図。どこに打っても悪そうだが、そういう時は単に良い手が見えていないだけのことが多い。ここで打ったF2は悪手で、せっかくD4の種石を消したのにF4に入られ、さらに次にF3を狙われる。(下図)

080323T條2.png
黒 田中(二段) 黒番
白 T條四段 

こうなっては意地でもF3に先着するしかないだろう。悪いのを承知でF3と打った。

080323T條3.png
黒 田中(二段) 黒番
白 T條四段 

そしてここではA4と打つとB3に打たれるのが嫌だったのでF8に打ったのがさらなる悪手。白A4とつけられて黒もA5と取るしかなかった。

080323T條4.png
黒 田中(二段) 黒番
白 T條四段 

かなり不利な形勢だが、ここで打った黒D1に僅かな望みをかけた。白がC1と取ってくれれば左上に黒からしか入れない5個空きが出来る。実戦では白F7黒H6の次に白がC1と取ってきてチャンス到来!

080323T條5.png
黒 田中(二段)
白 T條四段  白番

そしてここでのH4が白の敗着となった。黒H5によって白はブラックラインもホワイトラインも通しきれなくなったのである。白G2と打ってきたが(下図)

080323T條6.png
黒 田中(二段) 黒番
白 T條四段 

ここでC2とぶった切って勝利は決まった。残念ながら9位とあと一歩届かなかったが、何よりも面白いオセロが出来たことが今回の名人戦での一番の財産である。
posted by たなか@とうかい at 23:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

名人戦より第4戦

【コメント返し】

・ホイールさん

黒A2は白A3と当てられるのが嫌だったので初めから考えませんでした。種が出来たとしても、それ以前に右側は完全に黒壁になっているので、ここで左側にまで黒の辺を作ってしまうのは不利なような気がします。A2A3A7に対して白F2と打たれると黒はD8くらいしか手がありませんが、対して白G4でもH4でもほぼ決まりだと思います。

・・・・まぁすでにこの局面になった時点でどう打っても不利なのですが。(汗;

・ちぷさん

ちぷさん、違いますよ〜♪東海はビリではなく8位タイです。他にももっと勝率の悪い地区があるのですが、あまり悪いほうの結果を載せるのは申し訳ないのでベスト10だけにした結果こうなったわけです。まぁちぷさんがいて下さったら東海が1位になっていたかもしれませんけどね。

新オセロ方式の大会は初めてだったのでちょっと楽しみな部分もあったのですが、Dリーグだけ人数の関係から純粋な新オセロ方式にはなりませんでした。ちょっと残念なような。。。。。

・くらさん

クチビルン杯へのメンバー登録ありがとうございます。先日コブラで対戦した時に終盤であまりにひどい手を打ってしまいましたが、それでも誘って下さるくらさんに感謝です!今度は全員で勝ちあがりたいですね♪

・ロバ夫さん

こちらこそありがとうございました。昼休みのコブラはつい打ち方が雑になってしまいがちですが、あの終盤は時間もあったし面白い局面だったのでじっくり考えることが出来ました。

余裕手は使い時が難しいですね。


【本文】

・名人戦より第4戦


  A B C D E F G H
1++○○++●+
2++○○○●++
3○○○●●●●+
4○○●●●●○+
5+●●●●●++
6●+○○++++
7++++++++
8++++++++

黒 田中(二段)
白 M屋二段  白番

M屋二段とは初対戦。私が品川に通い始めた頃からあまり姿を見せなくなってしまったのだが、最近はまた大会にも出ているようだ。お互いに初戦で勝った後に連敗しているのだが、
「もう全然勝てそうにないです。」
と対局前に言っていたので、こういう時はチャンスである。
上図までは最近覚えた虎の最善進行であるが、ここでM屋くんはF6ではなくG5と打ってきた。私にはもう分からない進行であったが、冷静に考えてE1に着手。


  A B C D E F G H
1++○○●+●+
2++○○●●++
3○○○●●●●+
4○○●●●○○+
5+○●●●●○+
6●○○○++++
7++++++++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番
白 M屋二段 

ここは何となくH4と打つのが良さそうだが(実際にゼブラでは最善)、G4の石を消すことで白にE6F6と打たれるのが嫌だったので黒E7と打った。実際にH4と打っていたら白E6に対し最善手G6なんて絶対に打てなかったので、この選択は正しかったようだ。


  A B C D E F G H
1++○○●+●+
2++○○●●++
3○○○○○○○○
4○○●○○○○●
5+○●●○●○●
6●○○○●○○○
7+++●●●○+
8++●+++++

黒 田中(二段) 黒番
白 M屋二段 

以前、金曜練習会でN島八段から教わった”相手が攻めづらい形”にこだわって打ったC7は最善手。白D8とつけてきたので、右下5個空きだし素直に取っていいだろうと判断してE8に打ったのだが、ここは黒F8白E8と爆弾にして左右を分断したほうが黒の打ち方としては良かったようだ。


  A B C D E F G H
1++○○●+●+
2++○○●●++
3○○○○○○○○
4○○●○○○○●
5+○●○○●○●
6●○○○●○○○
7+○○●●●○+
8++●●●+++

黒 田中(二段) 黒番
白 M屋二段 

そして問題の局面。黒が打てる7箇所の評価値はそれぞれ+18、+2、+2、0、0、−10、−14なのだが、この+18の手は黒番の時のオセロの面白さを表す最高の手である。さて、それはどこでしょうか?

実際に私が打ったのは黒B1。B列とG列が白で通っているので、白F1に対して黒G2と取って2列を全部黒にし、B2A2の連打を狙うというものだ。しかしこの進行を選ぶに当たって不安だったことがあった。それは現在の局面ではB2に入るための種石が無いことである。


  A B C D E F G H
1○○○○○○●+
2++●●●●●+
3○○○○○●●○
4○○○○●○●●
5+○●○○●●●
6●○○○●○●○
7+○○●●●●+
8++●●●+●+

黒 田中(二段)
白 M屋二段  白番

上図は黒G8と打ってG列を全部黒にしたところ。これで白F8でホワイトラインを通されても黒B8で種石が出来て、白はさすがにA8に黒に入られるわけにもいかないだろうから白A8で再度B列が白くなってB2A2の連打完成!というのが私の読みだった。しかしここでM屋くんも同じ手順が見えていたようで、白H8としてきたのだがこれが悪手。黒H7白F8となってG7に黒石が残り、黒B2が実現したのである。ちなみに白H8ではなくF8だと引き分け進行のようだ。(引き分け勝ちの権利は持っていた)
この対局はとにかくオセロの面白さというものをたくさん教えてくれたナイスゲームであった。
posted by たなか@とうかい at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

名人戦より第3戦

【コメント返し】

・自爆王さん

あと1回ですか。。。。。
それでは来週末の三河オープンが良いかと思います( ´∀`)

・AISHIさん

AISHIさんの当たりはかなり厳しいですね。新オセロ方式では連勝するとあとはどう転んでも強い人としか当たらないので、3回戦で負けると次はT沢八段、勝つとN島八段というようなことがあったりして、恐ろしいような羨ましいような・・・・・・


【本文】

・名人戦より第3戦

080323N島1.png
黒 田中(二段) 黒番
白 N島四段

2回戦が終わって昼食タイム。次に当たるのはN島さんだというのは分かっていたので、過去に対戦した時の棋譜をチェックしようと棋譜帳を探したところ、多分金曜練習会での対局らしい棋譜は出てきたものの、前回品川で対戦した時の棋譜が出てこない。どうやら1冊だけ家に忘れてきたようである。そこでその時の対戦を思い出しながら研究コブラで対策を練ったり、自分のブログでN島さんと対戦した時の記事をチェックしたりして、あとは会場で販売されていた棋譜集にN島さんの棋譜が出ていないかなぁ、とちょっと立ち読み(?)をしていた時に、S口九段に声をかけられた。S口九段とは昨年の全日本選手権ブロック予選で2回対戦しているのだが、その時のことを思い出しながら話しているうちにS口さんが「この本持ってますか?」と言いつつ”美学のオセロ”と”オセロ幸せ日記”を持ち出してきた。私は”美学のオセロ”のほうは欲しいと思っていたのだが、S口さんがサインをして下さるなら両方欲しいなぁと妙な欲が出てきて、サインをお願いしたら快く引き受けて下さった。さすがS口さん、「たなか@とうかいさんへ って書いていただけませんか?」という私のリクエストにもさらに応えて下さって、あとはいろいろとためになる話をして下さった。
さて、そんなこんなで結局棋譜集を買うこともなく、代わりに折りたたみ式のオセロ盤まで勝ってしまい、対局開始時間になってしまったのであった。3回戦に勝つと次はT則九段と対戦出来る!すでに席についているT則九段の横を通りながら、自分に気合を入れるのであった。
そして対局開始。幸い黒番をゲット出来たので、あとはN島さんが前回と同じように打ってくることを祈っていたのだが・・・・いきなり縦取りですか?!(まぁこのことの詳細についてはCゃーでも一杯ブログを御覧下さい)
酉ストレートから、Sとぼん対策で覚えてきた進行は選ばずに敢えて最善のほうを選んだら、N島さんのほうから外してきて、迎えた上図。ここでまったく打つ手の手がかりをつかめず、打ったG3が悪手だった。ここからずっと双方最善でしばらく進んだのだが、思った以上に黒が悪い。

080323N島2.png
黒 田中(二段) 黒番
白 N島四段

かなり手詰まり状態であるが、ここで左上の5個空きで4箇所打つことが出来れば黒も良さそうである。B2と打って、白にホワイトラインを切られてD5の種石も消されないかどうかチェック。まぁG5でもE6でも白にとっては良いだろうと判断し、B2にレッツゴーした。しかし次の白D8を見て、自分の浅すぎる読みにただただ悲しくなるのであった。

080323N島3.png
黒 田中(二段) 黒番
白 N島四段

そしてこの局面において致命的な悪手を打ってしまった。F6である。ここは白にA2に入れさせても、B1に1個空きを作るほうが黒としては得策であった。ここから先は何となく粘っているようで結局はどうにもならない展開であった。N島さん、強い。。。。。。

posted by たなか@とうかい at 21:25| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

名人戦より第2戦

【コメント返し】

・ホイールさん

新潟は確かに3人でしたね。しかしその3人、かなりのハイレベルとみました。やはり美味しいお米と日本酒があるからなのかなぁ。。。。

・自爆王さん

自爆王さんのレーティングは最新発表のレーティング表には無かったので、ちょっと戻って昨年10月末のものを使っています。でも今回の名人戦でかなりまた上がっているんでしょうね♪

・pfalz_fantasy さん

初書き込みありがとうございます。段位というのはやはり正直だということを私も改めて実感しました。同じ段位内で実力差はあるにせよ、結局強い人はさらに昇段していきますしね。今後もいろいろなデータを追及していきたいと思います。



そこで、予選では誰が対戦相手の合計段位が高かったのかを調べようと思ったのですが・・・・ちょっとこれをやりだすと、優勝するためには合計何段分を倒さなければならなかったのか等、いろいろとやる範囲が広がり過ぎそうなのでやめました。(汗;
まぁざっと見たところではG藤七段が5回戦合計で27段、Y川五段が計26段、計25段という人は結構何人かいるみたいです。


【本文】

・名人戦より第2戦


  A B C D E F G H
1++○○○○++
2++○●●○++
3++●●●○++
4++●●●○++
5++●●○○○+
6++●+○○●+
7++++○+++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番
白 T澤六段

2回戦で普段めったに当たれなさそうなT澤六段との対戦が組まれた。これでこそ名人戦である。
高段者との対局は、なるべくBOOK進行が続いた方がチャンスが生まれるのだが、残念ながら(?)白から変化が入って迎えた上図。ここでまず考えたのはD6への先着であるが、以後F7H5にH6とつけられて厳しいかなぁと思い(H7で優勢なのだが)、F7のほうを選択した。白がD6と打って下図。


  A B C D E F G H
1++○○○○++
2++○○●○++
3++●○●○++
4++●○●○++
5++●○○○○+
6++●○○○●+
7++++○●++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番
白 T澤六段

F6と打った時にはすでにここでH5と打つことは予定していたのだが、これがさらに悪手だったらしい。白G4に黒D8とさらに予定の手を打ったのだが。。。。(下図)


  A B C D E F G H
1++○○○○++
2++○○●○++
3++●○●○++
4++●○●○○+
5++●●●○●●
6++●○○●●+
7++++●●++
8+++●++++

黒 田中(二段)
白 T澤六段  白番

ここで白B5である。この時は壁を破ってもらって優勢になったのでは?とさえ思っていたのだが、実際には全然そんなことはなかったようだ。H4と種を作ってD7に入るという用意されたような手順で進んだのだが、左側が白壁で埋まったところで手を渡された。


  A B C D E F G H
1++○○○○++
2++○○●○++
3+○○○●●●●
4++○○●○●●
5+○○○○●●●
6++○○●●●+
7++○●●●++
8+++●++++

黒 田中(二段) 黒番
白 T澤六段 

もうこうなるとどこに打っても悪手である。いろいろと天秤にかけた結果B4と打った。当然白はF8と打ってくるだろうと思っていたら白B6と来たので、これはまだまだいけるかも!と再び長考に入ったのだが、この白B6は最善だったようだ。


  A B C D E F G H
1++○○○○++
2++○○●○++
3+○○○○●●●
4+●●○●○●●
5+○○○○●●●
6+○○●●●●+
7++○●●●++
8+++●++++

黒 田中(二段) 黒番
白 T澤六段 

ここでA3が最後の抵抗。白A5に黒A4で、白がA6に打つと2列が全部白くなるのでA7と取っても良いという読みである。しかし先にE8C8の交換が入ってから白A6と打ってきた。


  A B C D E F G H
1++○○○○++
2++○○○○++
3●●○○●●●●
4●●○○●○●●
5○○○○○●●●
6○○●●○●●+
7++●●○●++
8++●●○+++

黒 田中(二段) 黒番
白 T澤六段 

ここで当初の予定通りA7と取ってしまうと白B8で完全に詰みである。かといってB2とラインを通してみたところで白B8と簡単に切られてしまう。そこで仕方なくF8と打ったのだが・・・・


  A B C D E F G H
1++○○○○++
2++○○○○++
3●●○○●●●●
4●●○○●○●●
5○○○○○●●●
6○○●●○●●+
7++●●●●++
8++●●●●++

黒 田中(二段)
白 T澤六段  白番

ここで白G7とTOFの罠にはまって万事窮す。黒はやはりF8ではなくB2と打つべきで、もし白がラインを切ってきたら黒B1として左上で3手打つのである。こういう基本的な手筋を当たり前のように打てるようになりたいものだ。
posted by たなか@とうかい at 22:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

名人戦ジャンル別データ

【コメント返し】

・ホイールさん

黒G1には白G2という好手があって、黒H1で勝てそうに見えるのですが結局ブラックラインとホワイトラインとB列が白のものになって惨敗します。この前の白の着手が長考だったので私もG1やF1からの展開も考えたのですが、相手の打つ場所を減らすという意味でも黒B7が分かりやすくて良い手だと思いました。


【本文】

名人戦の結果詳細がアップされましたね。そこでこの結果について、いろいろな点から見ていきたいと思います。まず皆さんが一番興味あるのでは?と思ったのは

どこのリーグが一番厳しかったのか??

ということです。メンバーの強さ弱さに関係無く、昇段や王座戦参加資格を得るという点に関してはDリーグが一番有利だったのは間違いありませんが、それもまずは勝つことが出来てこその話。そこで、各リーグ別にレーティング平均値と平均段位を算出してみました。

レーティング平均値

Aリーグ:1177.6
Bリーグ:1185.9
Cリーグ:1202.5
Dリーグ:1189.4

平均段位

Aリーグ:3.56段
Bリーグ:3.03段
Cリーグ:3.35段
Dリーグ:3.45段

ま、まぁどこも厳しいですよね。。。。。。(汗;


次に段位別の結果です。
(勝ち数・得点・順位の順での平均値です。)

九段:3.33勝 11.67点  5.67位
八段:4.50勝 13.50点  2.50位
七段:4.00勝 13.00点  3.75位
六段:3.17勝 10.67点  8.33位
五段:3.10勝  9.40点 12.00位
四段:2.76勝  7.97点 13.72位
三段:2.38勝  7.19点 16.48位
二段:2.16勝  6.42点 17.47位
初段:1.88勝  5.47点 21.18位
級位:0.83勝  1.67点 28.17位

三段の平均で負け越しというのも厳しいですよね。。。。。


最後にブロック別平均勝ち数ベスト10です。

1位:兵庫   3.4勝
2位:新潟   3.33勝
3位:九州   3勝
4位:近畿北陸 2.6勝
5位:東京   2.59勝
6位:東関東  2.56勝
7位:中部   2.5勝
8位:東北   2.33勝
8位:北関東  2.33勝
8位:東海   2.33勝

兵庫と新潟、強いなぁ。。。。。

posted by たなか@とうかい at 21:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

名人戦より第1戦

【コメント返し】

・O清水さん

縦にも横にも大きいのが私です。(特に最近は横に・・・・・)
対局の合間ってのはなかなか声をかけづらいものですよね。ましてあれだけの大人数の中で面識の無い人に声をかけるのは勇気が要りそうです。実際に久しぶりに会えたと思った人に声をかけてみたら実は違う人だったとか、ちょっと恥ずかしかったですし。(汗;
次回お会いした時はよろしくお願いします。

・ホイールさん

ホイールさんも是非とも参加しましょう!
あれだけの緊張感の中で対局出来ると実力向上にもつながりますよ〜♪

・バタバタ3さん

ありがとうございます。王座戦のことは今まで全然考えていなかったのに、今ではかなりのウエイトを占めています。日本のトッププレーヤーが集合する大会ですから、そこに参加出来るだけでも光栄ですね。

・小林 学さん

運営お疲れさまでした。準備も事後処理も大変だと思います。そして何よりも自分が大会に参加出来ないジレンマもあるのではないでしょうか。しかし運営する人がいてこその大会、感謝の気持ちをいつも忘れないようにしたいですね。本当にありがとうございました。

・ちぷさん

やっぱりメジャー大会は違います。そういった空気に直に触れることが出来たのは今回の一番の財産だと思いました。ちぷさんも是非是非、全日本に王座戦と目指して下さい。一緒に頑張りましょう!

・問1の答え

ドーナツでした。


【本文】

・名人戦より第1戦

080323K口1.png
黒 田中(二段) 黒番
白 K口二段

1回戦はK口パパさんとの対戦。K口家はY気くんもG気くんもFJT進行に詳しくて、必ず私がBOOK切れをして途中不利な展開になる。相手がその2人のお父さんともなればなおさらで、やはりFJT進行で迎えた上図。普段なら何も考えずにここでG8に打ってたのかもしれないが、そこは名人戦である。何となくここだったかな?という記憶があったとしても、本当にそれが良い手なのかを考えて、結果打ったのがA2(評価値−12)だった。このA2という手のどこが悪いのかというと、次の白H6が好手で、次に黒C8と打って下図。

080323K口2.png
黒 田中(二段)
白 K口二段  白番

この図において、いかに黒が打てる場所が少ないかが良く分かる。こうなると白の打ち方としては黒に辺で手を稼がせないためにB8と取るのは好手で、黒としてはどうしようもないといった感じでG8に打って下図。

080323K口3.png
黒 田中(二段)
白 K口二段  白番

ここでは実戦での白H4が悪手で、ここは素直に白H5と打っていれば勝負は決まっていた。次に黒G4では白B2でラインを切れず、かといって他にロクな手があるわけでもない。
さて、命拾いしたところで黒はG7と星打ちしたわけだが、これを打つ時に悩んだのはF8への種石がC5に1つだけしかないことであった。この石を消さないようにしなければ、とこの時には思っていた。

080323K口4.png
黒 田中(二段) 黒番
白 K口二段 

ここでの第一感はF3なのだが、次に白D2と打たれた場合について考えた時にF3を打った時のE3の石を黒に変えることを忘れていた。おかげで次に良い手が思い浮かばず、D2と打ってしまった。白は当然F2と打ち、C5の黒石を消されてしまった。

080323K口5.png
黒 田中(二段)
白 K口二段  白番

ここは難しい局面ではあるが、ブラックラインのことを考えるとG4が急所のようである。しかし私が打ったのはH7。白は次にG4に打っていれば勝てたのだが、実戦でのE1が敗着となった。

080323K口6.png
黒 田中(二段) 黒番
白 K口二段 

ここでの黒B7が白のホワイトライン通しを防ぐ一手。これで勝負は決まった。






posted by たなか@とうかい at 21:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

名人戦を終えて

まずは自分の結果から。

Dリーグ(22人)

1回戦 ○ K口二段
2回戦 × T澤六段
3回戦 × N島四段
4回戦 ○ M屋二段
5回戦 ○ T條四段

この結果Dリーグ9位となり、三段昇段の8位以内には届きませんでしたが、王座戦参加資格の10位以内はクリアすることが出来ました。今回は5試合とも黒で打つことが出来て、正直な感想としては

オセロは黒が有利!!

と思いました。また1戦ずつ細かく見ていきたいと思いますが、本当に勝っても負けても面白い試合ばかりでしたねぇ。

優勝のM岡さん、シミュレーション通りの結果を出していただきありがとうございました。本当におめでとうございます。準優勝のY川さんも本当に強かったです。3位のN島さんも4位のTオルさんも、あれだけの強豪が揃ったリーグを勝ち抜いたのは素晴らしいと思います。私もみなさんのオセロからいろいろなことを学んで、さらに実力をつけていきたいと改めて思いました。

今日はいろいろな方からブログ見てますと言っていただきました。その割りにO清水さんやSがのすけさん等、ブログ仲間(?)とお話をすることが出来ずに終わってしまったのがちょっと残念でしたが、また機会もあるでしょう。3回戦でN島さんに勝てばT則九段と対戦出来るチャンスだったのですが、これも実現することが出来ませんでした。まぁとにかく自分が強くなれば、そういったチャンスは今後増えるでしょう。強くなれば・・・・・・・

今日お世話になった皆さん、特に運営の皆さん、本当にありがとうございました。

【コメント返し】

・バタバタ3さん

くじら、正解です!!
本文で書いたように王座戦の出場資格を得ることが出来ましたが、今思うとこれが無かったらギリギリで三段に昇段出来なかった悔しさがかなり大きくなっていたでしょうね。バタバタ3さんのコメントのおかげで王座戦に興味を持つようになった部分が大きいので、感謝しています。

・さくらさん

虹、正解です!!
師匠は最終戦で・・・・・・

何があったかは直接聞いてください(汗;

posted by たなか@とうかい at 22:17| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

早く寝なくては。。。。。

明日は名人戦。六合駅を5時34分に出る始発電車に乗って行きます。
朝、起きられるだろうか。。。。。
新幹線で寝過ごさないだろうか。。。。。

【コメント返し】

・でかなべさん

私の経験によると本番前には松屋の牛めしがいいようです。川越順位戦ではこれで5勝1敗二段昇段、今月の品川シーサイド前夜は麻雀で1位3回2位3位が1回ずつ(翌日のシーサイドは4勝2敗)と、他の食事よりも好結果が出ています。今月の川越順位戦の時は松屋でカレーを食べたのが悪かったようです。(汗;

・わし(TOT)汗さん

正統派ブログを目指してこれからも頑張りますっ!!


・小林 学さん

なるほど、確かにカレーを作るとそういう状態になりますよね。
御飯も普段以上にたくさん食べてしまいます。(汗;

・ホイールさん

タンポポですか。なんかそっちのほうが解答としてはスマートですね。素晴らしいですっ!!

・自爆王さん

サンドイッチ、正解ですっ!!


【今日のなぞなぞ】

今日は超手抜きなぞなぞです。知っていてもどれか1問選んで答えて下さいね〜♪

問1.夏になるとよくすすめられる食べ物は?
問2.パンダが好きな食べ物は?(ささではない)
問3.イカダの上に乗っている生き物は?
問4.波止場にいる鳥は?
問5.2時になると空に出るものは?
問6.5時になると現れる怪獣は?
問7.9時になると現れる海の生き物は?
問8.銭湯に象が入っていった。何頭入ったか?
問9.トラックに虎は何頭乗るか?
問10.40歳からが勝負!という鳥は?

ではおやすみなさい〜。
posted by たなか@とうかい at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

ねんきん特別便

【コメント返し】

・野田立さん

シミュレーションによると野田立さんも私と同じCリーグなのですが、

1回戦 負け E本六段
2回戦 勝ち T川初段
3回戦 勝ち W本二段
4回戦 負け K塚五段
5回戦 勝ち K持二段

となっています。でも実際には当たるかも。。。。。

・バタバタ3さん

私の場合は王座戦なんて出場出来ると思ってもいないので、そういう意味ではプレッシャーは全然ありません(笑)でもまぁ、王座戦に出られるような成績をあげてみたいものですよね。もしそういう成績を達成出来たら、バタバタ3さんにはオーザックを1ダース分プレゼントさせていただきます♪

おや?準決勝進出者の予想の中に私の名前はないんですね??(当然ですが。。。。。)

・ときわさん

キックで菊、正解です!
応援ありがとうございます。名人戦は負けても悔いのないオセロが出来るように頑張りたいですね。

・わしさん

エロキモ指数・DN返し指数・三味線指数を入れるのを忘れていたので再度入力してみたところ、

Aリーグ:1位 Wし四段  2位 Dなべ二段 3位 T則九段
Bリーグ:1位 M岡七段  2位 O清水五段 3位 T田四段
Cリーグ:1位 押●初段  2位 N島八段  3位 E崎四段
Dリーグ:1位 Jンプ四段 2位 S生六段  3位 S竹三段

決勝トーナメント

準決勝 Wし四段 ○−× M岡七段

押●初段 対 Jンプ四段の準決勝では共に相討ちにより戦死するというアクシデントが発生。その結果、決勝はWし四段の不戦勝で優勝決定!!

という結果になりました。おめでとうございますっ♪

・ホイールさん

ギクシャクした人間関係は嫌ですよね。職場とかではある程度仕方ないとは思っても、せめてオセロとか好きでやっている世界では良い人間関係を築きたいものです。

道端に・・・・・それってホイールさんではなくてタイヤのホイールがっていう意味ですよね?


【本文】

今、ニュースとかでもやっているが、私の家にもねんきん特別便がやってきた。確認してみたところ、最初の職場を辞めてから次の職場に就くまでの1年間、払っていた国民年金の記録が落ちていた。

ねんきんもオセロと同じで見落としが多いようである。


【今日のなぞなぞ】

しょうがく「昨日の夕食って何を食べましたか?」
たおる「うーん、何だったっけ?」
しょうがく「では昼食は?」
たおる「うーん、何だったっけ?」
しょうがく「それでは朝食は?」
たおる「うーん。。。。。」
しょうがく「忘れてしまいましたか。」
たおる「昨日は確か3食とも同じものを食べたんだけど、それが何だったか思い出せないッス。」

さて、昨日たおるさんが食べたものは何でしょうか?
posted by たなか@とうかい at 23:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

名人戦シミュレーション

【コメント返し】

・でかなべさん

壁、たしかに破りたくないけど破らなければならない時がありますよね。

・さくらさん

おもしろそうと言っていただいて安心しました。(笑)
これからも使わせてもらおう。。。。。。


【本文】

仕事のほうの関係で一時は名人戦出場も危ぶまれたのですが、今日になってやっと正式に参加出来ることが決定しました。いやー、本当にこうなると勝ち負けは置いといて参加出来るだけで嬉しいですね。当日は皆さん、よろしくお願いします。

それで実際にどのような結果が出るかは別として、ちょっと結果をシミュレーションしてみました。果たしてこのブログを見て下さっているあなたのお名前は出ているでしょうか??

Aリーグ:1位 T沢八段 2位 T則九段  3位 N先四段
Bリーグ:1位 M岡七段 2位 O清水五段 3位 T田四段
Cリーグ:1位 N島八段 2位 E崎四段  3位 M上九段
Dリーグ:1位 S生六段 2位 W引三段  3位 T梨四段

決勝トーナメント

準決勝 M岡七段 ○−× T沢八段
    N島八段 ○−× S生六段
決勝  M岡七段 ○−× N島八段


ちなみに私はCリーグで

1回戦 勝ち S藤二段
2回戦 勝ち O田二段
3回戦 負け U澤四段
4回戦 負け T泉三段
5回戦 負け K形五段

2勝3敗の17位でした。
Cリーグは何かやたら品川メンバーが多かったです。
本番では普段対戦することの出来ない遠くの人と対戦したいですね。


【今日のなぞなぞ】

さくら「その墓石を破壊しぃ〜〜!!」 ←昨日の答え
野田立「それだけはおやめ下さい!!」
さくら「じゃぁ代わりにそこにあるお花を蹴飛ばしなさい。」
野田立「えっ?どうしてそのお花を??」
さくら「分からないけど、蹴飛ばしたくなるのよ!」

さて、それはどんなお花でしょうか?
posted by たなか@とうかい at 21:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

川越順位戦第6戦より

【コメント返し】

・三応有段者さん

G8だと黒にF8と打たれてさらに苦しくなってしまいます。黒18石勝ち形勢です。とはいっても私がこれで白を持っても最善を打ち切る自信はありませんが。。。。。

・小林 学さん

A8は実戦で私が打った手(2石損)です。でもやっぱりこう打ちたくなりますよね。正解はB1でした。

なぞなぞの答え、たくさん書いていただいて構いませんよ〜♪今回は(今回も?)ダジャレ系のなぞなぞなので答えはハズレです。

・でかなべさん

,,,,,,,,,,,,(((*。-∀-)8×"  チョッキンチョッキンチョッキンなぁ〜♪
マナカナは特に意味が分からなくでもナイスアンサーですね。

・ロバ夫さん

こ、甲子園ですか??
・・・・・2個で1個・・・・・?????

・さくらさん

おっ!さくらさんもいよいよ遠征デビューですか!!これからはさくらの季節ですからね〜。品川でもお会いしましょう♪
あ、あと今日のなぞなぞで登場していただきましたが、あくまでフィクションなのでお許しを・・・・・(汗;

・なぞなぞの答え。

2個あって1個ということは

X個+X個=1個
X=1/2

というわけで答えは2分の1個、つまり”ハンコ(半個)”でした。


【本文】


・川越順位戦第6戦より


  A B C D E F G H
1+++○○●++
2++○○●+++
3+●●○○●++
4+●●○●○●+
5+○○○○○○+
6+++++●++
7++++++++
8++++++++

黒 N田立三段  黒番
白 田中(二段)

N田立三段とは公式戦初対局。翌日に誕生日を控えた私にとって、この試合が37歳最後の試合。何としても勝ちたいところである。
上図までは田中流(この田中流は違う田中さんから教えてもらった進行)であるが、以前このブログでも書いたようにF2が急所となっている。するとここでN田立さん、D6に黒石を置き、D5D4・・・・と返していった。
「そこ、返りませんよ??」
「あっ!」
しかしC5の石が返るのでこのD6という手は成立し、しかもこれが最善手だったのだからたまったものではない。次にF2に打たれたくないので、自分からF2と打っていった。しかしここからジワジワと形勢が不利になっていってボロボロに。。。。
37歳最後の試合は敗戦で終わった。


【今日のなぞなぞ】

さくら「いいかい、今日からあたしがリーダーだ。みんな、何でもあたしの言うこと聞くんだよ。分かったかい!?」
ホイール「はい!」
ロバ夫「はい!」
三応有段者「はい!」
野田立「はい!」
さくら「よーし。じゃぁホイール、肩もんで。」
ホイール「はい!かしこまりました!!」
さくら「ロバ夫、ちょっと酒買ってきな。」
ロバ夫「はい!かしこまりました!!」
さくら「三応有段者、あんたは何か食べる物でも用意して。」
三応有段者「はい!かしこまりました!!」
野田立「私にも何かお命じ下さいませ。」
さくら「そうねぇ。そういえばこの家、何で庭にあんなものがあるんだい?目障りだから壊しちまいな。」
野田立「そ、それは縁起が悪いのでおやめ下さいませ。」
さくら「そんなの関係ねぇ!壊せっていったら壊すんだよ!!」

壊すと縁起が悪そうなのに壊せと言われるものは何でしょう?

posted by たなか@とうかい at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

川越順位戦第5戦より

【コメント返し】

・でかなべさん

ひねくれて正解はカラスがA8の黒石をくわえていってしまったので白がA8H1と連打して圧勝、と書きたいところです(笑)

・ホイールさん

なるほど。実戦でそんなことがあっても確かにお互い認められないですよね。

・小林 学さん

そのカラスが白かったら・・・・・・・

・くらさん

くらさんと対戦する時は気をつけます(汗;


【本文】

・川越順位戦第5戦より

080309Y田.png
黒 Y田二段
白 田中(二段) 白番

ヨットから特に悪い手を打ったつもりはないのに、途中の優勢から微妙な形勢になってきて迎えた上図。ここで私は最善手を打つことが出来ずに次善手(引き分け進行)を打ったのだが、白が勝つためにはどこに打てば良かったのでしょうか。


【今日のなぞなぞ】

しょうがく「では問題!2つあってはじめて1つになるもの、何でしょう?」
でかなべ「うーん、何だろうなぁ。。。。」
すりっぱ「そういう問題は僕に任せて下さい!」
しょうがく「おお!すりっぱさんだ!!」
でかなべ「すりっぱさんは答えが分かるんですか?」
すりっぱ「そんなの決まってるじゃないですか。答えは”すりっぱ”ですよ!」
でかなべ「ああ、なるほど!」
しょうがく「すりっぱの他にも靴下とか手袋でも正解です。」
すりっぱ「駄目です!正解は”すりっぱ”だけです!!」
でかなべ「さすがすりっぱさん・・・・」
すりっぱ「ではちょっと似ているようで違う問題を出します。そのある物はすりっぱのようにペアになっている物ではなくて1個だけで使うものですが、それなのに2個あってはじめて1個になります。さて、それは何でしょうか?」
posted by たなか@とうかい at 21:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

川越順位戦第4戦より

【コメント返し】

・小林 学さん

いえいえ、たおるさんを破ったら大金星ですよっ!

・ホイールさん

かなりひねって考えられてますねぇ(笑)

・ロバ夫さん

火星(加勢)、正解です♪かっせーという言葉の雰囲気がまたいいですねぇ。


【本文】

・川越順位戦第4戦より


  A B C D E F G H
1++++++++
2++○+++++
3+++○●●++
4+●○○○○+●
5+○●●○○●+
6+○○○○●○○
7++○○●○++
8+○○○○○++

黒 田中(二段) 黒番
白 G藤二段

G藤さんと以前品川で打った時も私は黒番だったのだが、その時G藤さんはいかにも普段は縦取りするようなセリフをつぶやきつつ斜めに打って来たのだが、この日も斜め取り。快速船から黒有利な進行になり、迎えた上図。
ここで深く考えずにフィーリングだけで打ってしまった黒A5が悪手で、白A6とつけられて一気に不利になってしまった。ちょっとでも考えたらここはA6だよなぁ。。。。。


【今日のなぞなぞ】

  A B C D E F G H
1●●●●●●●+
2●○●●●○●○
3●○○○●●●○
4●○○○●○○○
5●●●●○○●○
6●●●○○●○○
7●●○○●○○○
8●●○○○○○○

黒:たおる
白:くら

くら「えー、まじかよぉ。H1打てねぇ。。。。」
たおる「やったー\(^o^)/」
くら「せっかく引き分け勝ちの権利があるのに、こういう負け方はきついなぁ。」

と、そこにカラスが突然現れて、黒石を1つくわえていってしまいました。この試合、勝ったのはどちらでしょうか?
posted by たなか@とうかい at 22:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

川越順位戦第3戦より

【コメント返し】

・ホイールさん

たまに2点、確かに入りますね。そういう時って公式記録としては打点2になるのでしょうか。
あと、E3→F3→E5!には置けないのでE6でしょうか?E6だったとすると、白E2が好手のようです♪

・小林 学さん

草野球では4点も可能性ありですね。

道場でしたか!!なるほどうj・・・・

・野田立さん

いいえ、縛るんです!!

・ロバ夫さん

ほーほけきょ♪


【本文】

・川越順位戦第3戦より

080309S藤.png
黒 S藤二段
白 田中(二段) 白番

この序盤進行はどうも苦手である。私が初段になって初めての対戦ではM田くんにこの進行で苦しめられ、二段になって天王洲カップアドバンスト部門に初参加した時にはW辺四段にこの進行で完敗した。そのW辺四段戦の時に、11手目黒D6に対して白E6が最善ということは記憶していたのだが、次のD6に対して応手が見当たらない。実戦ではE1と打ったのだが、B3と応じられてどうもよろしくないようだ。
上図ではF5と打つのが最善で、黒B3には白D1と取り返すことが出来る。


【今日のなぞなぞ】

くら「ありがとうございました!」
たおる「ありがとうございました!」
くら「あちゃー、どこがまずかったんだろうなぁ。」
たおる「やっぱりここでE1に打ったのが悪かったと思うッス。」
くら「そうかぁ〜、やられたぁ〜〜!まぁ練習会だからいいや、もう1回!」
たおる「まだやるッスか!?何回やっても勝てないッスよ!」
くら「いや、今度は勝つ!!」
※●¥○$「ピパパンパピペパピペ!」
たおる「???」
くら「??? 宇宙人だ!!!!」
たおる「えー!!!!まじッスか?」
※●¥○$「プープーパピプピ、ポプパンプ!」
たおる「何言ってるんだか分からないッス。」
※●¥○$「プパパン、ポプパポプペンピパプ!」
くら「誰か翻訳してくれよ〜!」
でかなべ「この宇宙人さん、くらさんを応援するって言ってます。」
くら「・・・・・」

さて、この宇宙人はどこの星から来たのでしょうか?
posted by たなか@とうかい at 23:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

川越順位戦第2戦より

【コメント返し】

・小林 学さん

英語、爺さん、正解です!こういう問題は解く人よりも作る人間のほうが楽しいですね♪

・・・・破ろうとしているものが分からないのですが(汗;
中島八段でしょうか??


【本文】


・川越順位戦第2戦より


  A B C D E F G H
1++++++++
2++○+++++
3+●○○++++
4+○○○○○++
5++○○●●++
6++○●++++
7+++●++++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番
白 N村三段

N村三段は前回私が川越順位戦に参加した時に唯一負けた相手。その時に私は5勝1敗で二段に昇段し、N村さんは全勝で三段に昇段したのだが、この実力差はあまりにも大きいことはその後の成績が物語っている。
虎の白次善進行から迎えた上図。何となくE6がいいのかなぁと思いつつ、白B5と打たれた場合に次の手が思い浮かばない。ではどうしたら相手に上手く手を渡すことが出来るだろうかと考えて打った黒F3はゼブラ的にはかなりの悪手ではあったものの、そこから結構面白い展開へと進んでいった。まぁ終盤の入り口あたりで敗着を打って負けてしまったのだが。。。。

ここでの最善はE6B5の次にA5A6A3B6A4A2E3D2C1・・・・という感じらしい。今は覚える気はないが、雰囲気だけは感じておこう。


【今日のなぞなぞ】

でかなべ「さぁ、全日本オセロクイズ選手権もいよいよ最後の問題となりました!」

野田立「ワクワクq(。・ω・q)(p・ω・。)pドキドキ」
sano_「ωακμ(("o(^ω^*)o")) ωακμ」
しょうがく「((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪」
ホイール「゚.+:。((((o・ω・)o))) ゚.+:。ドキドキ♪」
ロバ夫「ドキドキ(゚∀゚*)(*゚∀゚)ドキドキ」

でかなべ「ここまでの得点を発表します。野田立さんがトップで130点、sano_さんが120点、しょうがくさん110点、ホイールさん100点、そしてロバ夫さんが40点です!」

ロバ夫「(/□≦、)エーン!! でもこういうクイズって最後の問題が正解すると100点とかになっていて、まだまだ逆転出来る展開なんだろうなぁ。」

でかなべ「ところでロバ夫さん。とっても難しいクイズなのに、出来てもたったの1点しかもらえないクイズってのがあるんですけど、それってどんなクイズか知ってますか?」


さぁ、それはどんなクイズでしょうか??
posted by たなか@とうかい at 22:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

川越順位戦第1戦より

【コメント返し】

・小林 学さん

えー!あれで正解なんですか??
いくら考えても分からずに諦めて書いた答えが正解というのも複雑な気持ちですね。5個空きで勝ちが見つからずに時間が無くて打った手が実は唯一の勝ち筋だった時のような気分です。

なぞなぞの答えのほうは記録で正解ですよ〜♪

・たおるさん

たおるたおる!!

・でかなべさん

鬼神さんには・・・・お酒でしょうか??

・ホイールさん

そういえば今までなぞなぞで登場してもらったのはみんな生オセロで会っている人達ばかりだったので、それ以外ではホイールさんが初めてですね。これからも登場していただくと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

・ロバ夫さん

・・・・・(・´ω`・;A アセアセ
個人的には好きな答えですけどね〜♪

・   さん

人の心はなかなか破れないものですねぇ。


【本文】

・川越順位戦第1戦

080309T中.png
黒 田中(二段) 黒番
白 T中さん

T中さんはこの日が生オセロデビュー。品川でのH井さん以来、今年になってから大会デビューの人のデビュー戦での対局は2回目になる。
対局のほうは上図まで虎から白が変化したもの。よく見るような局面であるが、それでいてどう打ったらいいか分からない、そんな盤面である。結論から言うとここではE6が良く、実戦進行のE1だと白にE6と打たれて(実戦では打たれなかったが)苦戦することになる。

まぁ、その前に打った黒C6が良くないらしいと言ってしまえばそれまでだが。。。。。(汗;


【今日のなぞなぞ?】

時は流れて2016年。オセロの世界選手権が品川セントアイルにて開催されていた。この5年ほど前からオセロ人口は爆発的に増え続け、この頃には天王洲郵船ビルは名前を変えて天王洲オセロ優先ビルとなっている。

でかなべ「さぁ、みなさん。いよいよ準決勝が始まります!」

予選を通過したのは日本の中島九段、○○九段(←自分の名前を入れてね♪)、ドイツ代表の最高齢オセラー・ヘルマンさん、そしてアメリカ代表の女性プレーヤー・ヒラリーさんの4人。準決勝では中島九段と○○九段が勝ち、決勝は日本人対決となった。

そして、今日のなぞなぞ?は3位決定戦から。

  A B C D E F G H
1++++++++
2++●○++++
3+●●○○++○
4●●●●●●○+
5+○○○●○○○
6●●○○●●○+
7++○○●●++
8+++○+●++
(黒番)

ヘルマン「こめんずぃ〜いんまーつむしゅぴーれんいんでぃせんとあいる?」
ヒラリー「おう!あいきゃんとあんだーすたんどゆあらんぐうえっじ!」

この時、盤面を横からちらっと眺めたでかなべさん。黒が若干優勢かな、と思いながら、やはり日本人対決のほうが気になって、決勝の盤面のほうにばかり気をとられていた。

そして次に見た時の盤面が下図。

  A B C D E F G H
1++++++++
2++●○++++
3+●●○○+○○
4●●●●●○○+
5●●●●○○○○
6●●○○●●○+
7++○○●●++
8+++○+●++
(黒番)

さて、ここで問題。ヘルマンさんとヒラリーさん、白番なのはどちらでしょうか?
posted by たなか@とうかい at 22:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

神奈川オープン第5戦より

【コメント返し】

コメントがあまりにも多いので、一言コメント返し。

・でかなすぺさん

道でこけただけでクレーターが出来るとは、さすがでかなすぺさん!

・三応有段者さん

正解です!素晴らしいっ!!

・ホイールさん

B1でも際どいのですが、黒A6という手があって黒2石勝ち形勢です。(黒A5でも同じ)

・小林 学さん

クレーターを作ることが出来たら、しょぼくれないで大いに喜んで下さい( ´∀`)

・でかなべさん

それはありえません(笑)

・    さん

正解です!

・くらさん

くらさんにはクーラーをあげるのがいいのかな?

・sano_さん

あれってマフラーなんですか??

・野田立さん

タオルであってこそのタオルさんですよね。

・satobonさん

やっぱり3億円ゲット記念の海外旅行ですか???


【本文】


・神奈川オープン第5戦より


  A B C D E F G H
1+++●○+++
2+++●○○++
3++●●○●●+
4++●○○○●+
5++○○○○++
6+++○○○++
7++++++++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番
白 K野三段

S野五段に続いて前日も対戦のあったK野三段戦は、大量取りから白の変化で迎えた上図の局面。ここで普通に考えたら黒G5だろう。しかし安直に白C1で斜めが返らないから、というだけで黒F1と打ってしまうようでは自分で自分が情けない。あとは終始どうにもならない展開で見せ場も無く負けてしまった。


【今日のなぞなぞ】

しょうがく「破れば破るほど怒られるもの、なーんだ?」
ホイール「約束ですか?」
しょうがく「正解!では破れば破るほど喜ばれるもの、なーんだ?」
ホイール「ここはオセラーらしく”壁”と言っておきましょう。」
しょうがく「素晴らしいです!では破れば破るほど褒められるもの、なーんだ?」

posted by たなか@とうかい at 23:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

神奈川オープン第4戦より

【コメント返し】

・野田立さん

正解です!

・小林 学さん

くらさんを登場させた時点で答えが分かってしまったような部分もありますね(汗;

・でかなべさん

でかなべさんも早く成り立たせて下さいね〜♪
私もオセラーの結婚式に出てみたい。。。。。

・ホイールさん

オセロの問題のほうを答えて下さったのはホイールさんだけでしたね(汗;
実は正解はG7の星打ちで、これで黒+6、G8でも+4だそうです。しかしそこからの最善手順がまた理解不能です。
G7のあとB8H6F8C6B7H3G2H2H7E8C8H8D7B2G1B3A2A1A8G8H1

ちなみに黒H3と打ってしまうと白C6が好手です。

(参考図:黒H3白C6まで)
  A B C D E F G H
1+○○○○○++
2++○○○○++
3●+○●●●●●
4●●○○○○○○
5●●○○○○○○
6●●○○○○○+
7●+●+●○++
8+++●++++
(黒番)

ここで黒B3には白E8、黒D7には白E8、黒H6には白G7と打てばそれぞれ白12石以上の優勢になります。右上が黒としてはG1しか打てないのが苦しいところなのでしょうね。


【本文】

・神奈川オープン第4戦より

080302S野.png
黒 S野五段
白 田中(二段) 白番

S野五段とは2日続けての対戦。序盤は前日と同じ田中流から有利に進んだものの、じわじわとその差を詰められて迎えた上図。ここで私が敗着を打って負けてしまったのだが、白が勝つためにはここでどこに打てば良かったのでしょうか?


【今日のなぞなぞ】

______________________________

微弱「なぁみんな、さっき入手した情報なんだけど、さとぼんが宝くじ1等3億円をゲットしたらしいぜ。」
タオル「すげぇ!これは何かおごってもらうッス!!」
微弱「でもあいつ、宝くじ当たったとたんに急にケチになったらしい。」
でかなべ「まぁ大金を持つと性格も変わるんでしょうね。」
タオル「でも俺、さとぼんの家に行ってみるッス!」

______________________________

ピンポ〜ン♪

タオル「さとぼんさぁ〜ん!!」

・・・・・

タオル「留守なのかなぁ。でも部屋の電気がついているから居留守なのかなぁ。。。。。まぁしばらく待ってみよう。」

______________________________


でかなべ「それで一日中ずっとさとぼんの家の前に立っていたんですか?」
タオル「そうッス!」
微弱「で、何か成果はあったのかな?」
タオル「それは内緒ッス!」
でかなべ「おお!何かいい物くれたんですか?」
タオル「うーん・・・・・いい物ではないけど、くれたッス!」

さて、それは何でしょう?

posted by たなか@とうかい at 21:50| Comment(16) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

神奈川オープン第2戦より

【コメント返し】

・三応有段者さん

D8、正解です。A3〜D6ラインが通っていて、それを切るために白がD2に打つと黒F1から悲惨な手順が待っているんですよね。

・ホイールさん

はじめまして。こちらこそよろしくお願いします♪
三応有段者さんとほぼ同時刻の正解、さすがですね。

・・・・・・扇風機の意味が分かりません(笑)

・小林 学さん

正解です!
”たぶん間違っていると思うけど”という部分がですが(汗;

クレーン・ユウって人、知りませんでした・・・・・

・S野五段さん

バスクリーンとは上手いですね!
こういう名答が出てくると、自分の答えが本当の答えと言い切ることに意味を感じなくなってきます。

・野田立さん

なるほど、裏があるんですかぁ。ハァハァ
あの対戦でストナーをかけないで下さったのも、やっぱり何か裏があるのかなぁ。。。。

・でかなべさん

でかなべさんの思考回路の複雑さにただただ驚嘆するばかりです!
三輪車、最近そういえば見かけないですねぇ。。。。。




というわけで私が用意していた正解は

戦車(洗車)

でした。
みなさん、たくさんの御解答ありがとうございました。


【本文】

・神奈川オープン第2戦より


  A B C D E F G H
1++●○○○++
2++●○○○++
3●+●○○○○+
4●●●○○○○○
5●●●○○○○○
6●●+○○○○+
7●+●+●○++
8+++●++++

黒 T上さん
白 田中(二段) 白番

T上さんは大会初参加とおっしゃっていたが、かなり強くて即打ちをしてくる。序盤では私がまだ最善進行を知っている展開だったのだが、違うところに打つとどうなるのかな?と思って打った一手が致命傷となり、以後ずっと不利な展開で進んで迎えた上図。
白はもう種消しオセロしか手が無かったのだが、ここで打った白F8がかなりの悪手。白はB1と取るのが正解で、これだとまだ黒有利ながらも複雑難解な終盤に持ち込むことが出来る。(下図)


  A B C D E F G H
1+○○○○○++
2++○○○○++
3●+●○○○○+
4●●●○○○○○
5●●●○○○○○
6●●+○○○○+
7●+●+●○++
8+++●++++

(黒番)

上図で黒が打てるのは5箇所。勝てるのはその内2箇所。さて、黒はどこに打つのがいいでしょうか?

1:G1
2:H2
3:H3
4:G7
5:G8

【今日のなぞなぞ】

タオル「くらさん、最近よく本を読んでるッスねぇ。」
くら「新しい職場では知識も必要だからね。」
タオル「やっぱり努力家は違うッス。」
くら「いや、別に自分ではそんなに読みたいとは思わないんだけど、強制的に本を読ませようと仕向けてる人がいるから仕方なく読んでるんだよなぁ。」

さて、それは誰でしょう?

posted by たなか@とうかい at 22:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

神奈川オープン第1戦より

M岡御夫妻の結婚披露宴、遅ればせながらおめでとうございます。今日は御寿司とケーキでお祝いをしています♪

【コメント返し】

・   さん

耕運機、正解です!

・S野五段さん

お祝いのお言葉ありがとうございます。この歳になってもおめでとうと言ってもらえると嬉しいものですね。

はっ!大切にしている物というコメントを見て、もしや!やっぱり!!とすぐに分かりました。あの場で取り出しておいて使わなかったので忘れてしまったようですね。(汗;
名人戦の時に持って来ていただけたら助かります。よろしくお願いします。(人´ω`)

・野田立さん

37歳最後の対局は見事に負かされてしまいましたが、本当にありがとうございます。38歳最初の対局になる名人戦で是非、この借りを返したいところです。( ´∀`)

猫バス、なるほど!乗ってみたいですね。
昨日ジョナサンに向かう時にTオルさんが乗って揺れていた野田立車もなかなかのものです。

・I本1級さん

うきわにときわ、という訳だったんですね。コメント返しのコメント&お祝いのお言葉ありがとうございました。
クイズの答えは・・・・・

ヽ( ・∀・)ノウンコー

・でかなべさん

ああ、これで「着るだけで幸せになることが出来る服、なぁーんだ?」というなぞなぞを出せなくなってしまいました。。。。。


【本文】

・神奈川オープン第1戦より

080302O竹.png
黒 田中(二段) 黒番  
白 押●初段

快速船の後ろの部分を白が曲げてくる変化から有利に進行し、迎えた上図。ここで簡単に詰めることが出来る手順があったのに、それを打てなかった。さて、黒はどこに打つべきでしょうか?

結局この後盤面が微妙に紛れてしまい、偶数を覆らせることが出来ずに31−33で敗戦。


【今日のなぞなぞ】

野田立「S野さんの車、カッコイイですね。新車ですか?」
S野五段「いえいえ、全然そんなんじゃないのよ。」
野田立「でもどこから見てもキレイだし、ピカピカに光ってるように見えます。」
S野五段「えー!最近忙しくてあまり掃除も行き届いていないのにぃ。」
野田立「いいえ、その車はいつだってキレイなんですよ。」

さて、S野五段が乗っているのはどんな車でしょうか?

posted by たなか@とうかい at 21:09| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

川越順位戦

【コメント返し】

・I本1級さん

I本1級さんというと、昨年の名古屋オープンと京都支部定例会で私をこてんぱんにして下さった方ですよね?トキワの意味は分かりませんがコメントありがとうございます。( ´∀`)

・小林 学さん

今日はお疲れさまでした。対戦前になぞなぞを出して攪乱する作戦は当たらなかったので実現しませんでしたが、とっておきのなぞなぞを用意しておきますね。しかし潜水艦はお見事です!

・ちぷさん

私も土曜日は出勤のつもりでいたので、休みになっても藤枝例会のことはすっかり忘れていました。朝にS木さんから電話が来て初めて知ったという状態で。。。。(汗;
また対戦しましょう〜♪

・わしさん

なかなか鋭い視点からのツッコミ、ありがとうございます。正解が出てからのこのようなコメントは非常に嬉しいものですね。わしさんならではの面白い答えに今後も期待しています♪


【本文】

今日の川越順位戦は3勝3敗の15位(?人中)でした。しかし久しぶりに1回戦で勝つことが出来たのと、終始勝ちのほうが先行したので、それなりに満足しています。第3戦・第5戦ではicareで鍛えた終盤のカウンティングが非常に冴えていて、最後は完璧に打つことが出来ました。問題はそこに持って行くまでの過程ですね。。。。。

これから忙しくなるので、今月参加出来る大会はもう名人戦だけ。しばらくは忍耐の時期に突入です。


【今日のなぞなぞ】

こしあん「押●さん、うきわから潜水艦に換えたんですか?」
押●「なかなか乗り心地いいッスよ。」
こしあん「実は俺も新しいの買ったんすよ。これなんですけど。」
押●「おおっ!これはすごいっ!!」
こしあん「こいつは乗っているだけで幸せがやってくるんですよね。」

さて、乗るだけで幸せがやってくる乗り物とはどんな乗り物でしょうか?

posted by たなか@とうかい at 23:14| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

10連勝&15連勝

【コメント返し】

・newkくん

レインコート、正解です!
オセロが強い人はなぞなぞのようにいろいろな手段による出題にも柔軟に答えられるのですね。参りました。

・バタバタ3さん

将棋の大会も面白そうですね。私は小学生の時に一度だけ将棋の大会に出たことがあるのですが、その時は5回戦の予選を通過して8人による決勝トーナメントには出られたのですが、結局5位に終わりました。今は多分、その時よりも弱くなっているハズ。。。。。

・小林 学さん

カッパ定石ですか。誰かがそういうの考えているかもしれませんね。こういうのはエロキモ系の人にお任せですが。(笑)
なぞなぞの時はリクエスト通り、しょうがくさんで出させていただきます。

・kuraさん

Yeah!I like Guusuu very very much!

・でかなべさん

鳥はもちろんキチンですよね。( ´∀`)


【本文】

今日は藤枝オセロクラブの例会に行ってきました。結果は10勝0敗。S山四段戦以外は普段打たない縦取りやねずみ、羊、うさぎ等を試してみましたが、こういう練習って面白いですね。最近白番での斜め取りに限界を感じている部分もあるので、少しずつ自分の可能性を広げていきたいと思いました。

明日は川越順位戦、参加出来ることになりました。icareでの10勝以上のノルマも15連勝と、大会参加が懸かると真剣になるのが自分でもよく分かりました。今度は川越順位戦で3勝以上しないと名人戦には参加しない等のノルマをつけたら成績が良くなるのでしょうか?(もちろんそんなノルマは絶対につけませんが)


【今日のなぞなぞ】

押●「わしさんの車、本当にエロキモイですね。」
わし「そういう押●さんのうきわだってなかなかのものですよ(TOT)」
押●「実は俺、もううきわを辞めたんですよ。今はこれに乗ってます。」
わし「おおっ!これはまた最悪のセンスですね!!ブラボ〜・。・゜゜・(TOT)・゜゜・。・」

さて、押●さんが乗り換えた最悪のセンスの乗り物とは何でしょう?
posted by たなか@とうかい at 17:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

今日は手抜き

【コメント返し】

・でかなべさん

惜しいっ!冷凍庫の中の鮮度というのが正解でした。(嘘)
リンク先ので正解ですね。

しかし15問正解で川越までタクシーとなると、万が一14問連続正解した時は最後怖いですねぇ。。。。

・小林 学さん

会話形式を気に入っていただけて何よりです。
これで今日の登場人物は決まりですね。( ´∀`)

勇ましい記者の記事、楽しみにしています♪

・newkくん

スピード、正解です!
newkくんにオセロの問題ではなくなぞなぞのほうを答えて頂けて嬉しいですね。

・バタバタ3さん

昇段・昇級おめでとう!の記事は基本的に大会結果のアップされたものを元にしているようで、結果の所に”初段昇段”と書いていないものについては反映されないのが殆どです。私も川越順位戦で二段になった時は書かれていませんでしたし。。。。。
後日メールしたらちゃんと登録してもらえたので、反応が無かったら再度送ってみるのがいいと思います。まぁ先ほど私がメールしておきましたけどね♪
管理者さんも忙しい時が多いので、気長にお待ち下さい。


【本文】

今日は今からicareの真剣勝負をやるので正統派オセロ記事はお休みします。


【おまけのなぞなぞ】

佐りん「小林さん、お久しぶりですナリ!」
小林 学「いやぁ〜、本当にお久しぶりです。」
佐りん「小林さん、最近大会にあまり出てなかったナリよね?」
小林 学「実はみんなに内緒で英会話教室に行ってたんですよ。」
佐りん「おお!それはすごいナリ〜!」
小林 学「いえ、そんなすごいことじゃないですよ。」
佐りん「では問題を出すナリ。トラを英語で言うと?」
小林 学「タイガーですね。」
佐りん「すごいナリ〜!ではネコを英語で言うと?」
小林 学「キャットです。」
佐りん「またまたすごいナリ〜!!ではカッパを英語で言うと?」
小林 学「うーん・・・・・・ 何だったっけ?」

posted by たなか@とうかい at 23:36| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

品川シーサイドオープン第5戦より

【コメント返し】

・小林 学さん

株式市場新聞、私は読んだことが無いのですが、そんなに勇ましい記者がいるんですか?
夕刊は正解です。さすがなぞなぞ好きですね♪

・S野五段さま

夕刊フジのそのCM、確かまだ私が学生の頃なので20年位前だと思いますが、しっかり覚えていますよ。そういえば品川にはオレンジ色の人はいなかったかなぁ。

・ちぷさん

東スポは確かにある意味勇敢ですよね。あれほど真実を求められない新聞も珍しい。。。。
5勝目指して頑張りましょう!

・さくらさん

さくらさんのキャラにはまだ謎の部分があるので私には分かりませんが、実は天然なのでしょうか?
放置プレーは私もされたことありますが、そういう時にはブログを書いたり他のことをやって時間をつぶします。でもさすがに一手5分を外されると厳しいですよねぇ。。。。。


【本文】

・品川シーサイドオープン第5戦より
080301W辺.png
黒 W辺三段  
白 田中(二段) 白番

W辺三段との試合は大抵序盤で優勢になり、攻め切ることが出来ずに負けてしまうパターンとなる。この対戦も典型的なそのパターンで、上図で打ったH3が敗戦のきっかけとなってしまった。ここは左辺の悪形を補いつつ活かすためにD7と打つのが正解。これで黒は左上から斜めに取るラインが無いので攻め切ることが出来ない。

ちなみに実戦では白H3黒B2と進んで下図。
080301W辺2.png
黒 W辺三段  
白 田中(二段) 白番

ここで正着を打てればまだ勝ちがあったのだが、結局打てなかった。さて、どこに打てばまだ白に勝ち筋があったのでしょうか?

【今日のicare】

終盤8個空き5番勝負 2勝3敗

第1戦:負け (残り21秒)
第2戦:勝ち (残り3分2秒)
第3戦:負け (残り5秒)
第4戦:負け (残り3分50秒)
第5戦:勝ち (残り4分8秒)

この企画を始めてから初の負け越し。考えることに真剣味が欠けているのだろうか。ここはいっちょう気合を入れて、明日から3日間は時間制限無しで各5問×3日間=15問を解き、正解が10問以上無かった場合は日曜日の川越順位戦には参加出来ないという自分へのペナルティを課すことにする。頑張らなければ。

【今日のなぞなぞ】

バタバタ3「みなさん、突然ですが品川に引っ越してきました。これからよろしくお願いします。」
でかなべ「こちらこそよろしくお願いします。」
微弱「バタバタ3さんって、とうかいさんのブログで時々コメントしてる人ですよね?」
バタバタ3「はい、そうです。僕もブログを書いているんですけど、オセロジャパンの登録ブログの仲間入りをするのが夢です。」
でかなべ「中島さんがこれを読んでいたら登録してくれるかもしれません。そういえば、これからは毎週品川の大会に参加出来ますね。」
微弱「引越しも結構遠い所からだと大変だったでしょう?」
バタバタ3「はい。とにかく荷物が多くてバタバタしてしまって。このリストに載っているだけの荷物があったんです。」

と言って2人に差し出した引越し荷物リストには以下の物が書いてあった。

・冷蔵庫
・タンス
・洗濯機
・電子レンジ
・勉強机
・コタツ
・食器棚
・掃除機
・デラックスオセロ盤
・対局時計

バタバタ3「まぁ引越し屋さんにお願いしたのでそんなには苦労しなかったのですが、その荷物を載せたトラックが新居に着くほんのわずか手前のカーブの所で落としてしまったものがあるんですよね。」
でかなべ「それって、やっぱり針落ちだけに対局時計?」
微弱「・・・・完全にオセラーの発想だ。。。。。」

さて、そのトラックが落としたものは何でしょう?
posted by たなか@とうかい at 21:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

品川シーサイドオープン第1戦より

【コメント返し】

・でかなべさん

出演料として品川金曜練習会の割引券を3枚用意しましたので(手元に4枚ある)、次回お会いした時にお渡ししますね〜♪
今後とも御出演よろしくお願いします。

・小林 学さん

ぶら下がり健康器とは、なかなか鋭いところをついてきましたね。でも答えがぶら下がり健康器だと、なぞなぞではなくなってしまうような・・・・・・??

・     さん

というわけで聴診器、正解です。
・・・・どなたなんでしょう・・・・・


・バタバタ3さん

本当にあの終局図はすごいですよね。
白A2のところで換わりにG2と打った場合の終局図はもっと悲惨なことになりますので、興味があったら並べてみて下さい♪

・ちぷさん

ちぷさんだったら5勝いけると思いますよ。
でも本当に5勝出来たら気持ちいいでしょうね。。。。。


【本文】

・品川シーサイドオープン第1戦より

080301T川.png
黒 T川初段  
白 田中(二段) 白番

今年はニューイヤーズカップから第1戦の調子が良くて、先月の品川シーサイドオープンまで第1戦に限って言えば5連勝だった。しかし、その翌日の新春オセロ大会の第1戦でT川初段に負けてからというもの、この試合と翌日の神奈川オープンも含めて第1戦は6連敗という悲惨なことになる。
さて、この試合は3−61という圧倒的な敗戦になってしまったのだが、残り2石と空きマス2個という悲惨な結果になったのは徹夜明けで頭が働いていなかったという理由があるものの、そうでなくても序盤で詰まされてしまったところまでは睡眠不足とは関係無い実力である。だからこの進行についてはしっかりと研究しなければならない。上図では種を消されるのが不安でB6に放り込んだのだが、これは黒に余裕手を2個あげてしまうので良くないのだ。黒としてはB6→A3という順番で打ちたいので(A3から打つとB6には打てなくなってしまう)、手法としてはB6に先着するのではなくて黒がB6に打つ間に白がA3に打ちやすくなるような局面にすることが大切なのである。というわけで白はここではD2に打つべきで、これならまだまだ戦える形である。


【今日のicare】

終盤8個空き5番勝負 4勝1敗

第1戦:勝ち (残り2分9秒)
第2戦:勝ち (残り1分5秒)
第3戦:負け (残り2分19秒)
第4戦:勝ち (残り4分9秒)
第5戦:勝ち (残り30秒)


【今日のなぞなぞ】

さくら「最近は全部ネットで調べることが出来るから新聞とか読まなくなっちゃったなぁ。」
ちぷ「そう?僕はパソコン持ってないから新聞は毎日読んでますよ。」
さくら「毎日読む新聞って、やっぱり毎日新聞?」
ちぷ「・・・・・」
さくら「つまらないこと言ってゴメンネ。じゃぁ、いつも放って置かれる新聞ってどんな新聞か分かる?」
ちぷ「もしかして・・・・報知(放置)新聞?」
さくら「すごーい!正解っ♪それでは、とっても勇ましい新聞はどんな新聞でしょう?」

posted by たなか@とうかい at 22:34| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

勝った対戦より

【コメント返し】

・ちぷさん

コンディションですかぁ。。。。徹夜で麻雀やって大会に参加した私は何故か4勝出来たものの、睡眠をたくさん取って万全の体調で迎えた神奈川オープンではやっとで2勝・・・・分からないものですよ。
ちなみに今度の浜松例会、私は悲しいことに行かれないんですよね。私の代わりに優勝お願いします!!

・自爆王さん

自爆王さんとは是非、麻雀やってみたいですね(もちろんオセロも)。オープンリーチへの自爆振り込みを期待しています。(笑)

・小林 学さん

なぞなぞ好きでしたら、私が出すようななぞなぞは殆ど知っているかもしれませんね。誤解答のボケに期待しています♪
しかし、ウグイスという答えが正統派とは。。。。。(汗;

・さくらさん

今回は本当に内容の濃い3日間でした。強くなること以上にオセロを打てる幸せというものを感じられることが一番良いところです。また今日からネットにも出没しますので(と言いつつ昨日もやっていたが)、対戦のほうもよろしくお願いします。


【本文】


・静岡県名人戦第6戦より


  A B C D E F G H
1++++++++
2+++○●++○
3++○○○●○○
4+○○○●○○○
5++○●○○○+
6++●●●●●●
7+++●++++
8++++++++

黒 M野2級 黒番
白 田中(二段)

この日のM野さんは決勝進出を果たしたT田新三段とA木五段に破れたものの、私がまだ公式戦で勝ったことがないO栗三段やS野三段を倒していて、ここまで3勝2敗。この最終戦に1級昇級をかけていた。こういった試合ではやはり負けるわけには行かないので気合が入る。
上図まではヨットの最善進行であるが、以前にもここで黒はB5以外のところに打ってはいけないと書いたように、M野さんのC1が敗着になった。


・品川シーサイドオープン第2戦より


  A B C D E F G H
1++++++++
2++●+++++
3+○●●●+++
4○○●○●○++
5○●●●○○++
6○+●●○○++
7+++●++++
8++++++++

黒 田中(二段)
白 T橋五段  白番

この日は第1戦で3−61という大敗戦。2回戦から人数が奇数になったので普通なら第2戦は不戦勝になってしまうところなのでガッカリしていたのだが、Dなべさんが素晴らしいことを教えてくれた。品川シーサイドオープンは1回戦2回戦と指名制度があって、三段以下(例外もあるが)の人は五段以上の人を指名出来ることになっている。この日の五段以上はN島八段、Y川五段、T橋五段の3人。もちろん、3人とも1回戦で勝っていたら1敗の私に指名する権利はないのだが、SりんさんがT橋五段に勝ってくれたおかげで指名のチャンスが巡ってきた。運良く他にT橋さんを指名した人がいなかったので、不戦勝にならずに済んだ。Dなべさん、本当にありがとうございました。私の代わりに不戦になってしまったM初段の「たなかさんにはめられた〜!」というセリフが心地良く聞こえてきた。
さて、肝心の対戦のほうはFJTの最善進行から迎えた上図で白C8と外してきた。ここで私は黒D8と応じたのだが、これは悪手らしくてここからかなり苦労する羽目になった。黒の最善の受けはF7で、白F2黒E2という感じで進むようである。


・品川シーサイドオープン第3戦より


  A B C D E F G H
1++++++++
2++●+++++
3+○●●●+++
4+○●○●○++
5++●●●●++
6++●○○+++
7++++++++
8++++++++

黒 田中(二段)
白 K野三段  白番

第2戦のところを見ても分かるように、FJT進行については私よりも詳しい人があまりにもたくさんいるので、上図からF6と打たれるよりもG4に打ってくれるほうが嬉しい。K野さんとは今回が二度目の対戦で、前回の対戦で上図からG4に打ってもらったのをしっかり覚えていたので、伏石に勝った私は迷わず黒を選択。そして上図まで予想通りに進んだのだが・・・・ここでK野さんはF6に打ってきた。

たなか@とうかい「えーっ!K野さんって前に対戦した時はここでG4に打ってきましたよね??」
K野三段「うん。でも今回は引き分け勝ちの権利があるからFJTのほうがいいと思って。」

・・・・かなりショックを受けた。


  A B C D E F G H
1+○○○++++
2++●○++++
3+○○○●+●+
4○○○○●●++
5○○●○●●●+
6○●●●●●●+
7++○○○○++
8+++○○+++

黒 田中(二段) 黒番
白 K野三段  

上図までは引き続き双方最善進行で、白がD2と打ったところ。その前の白の最善はD2以外にもA7とH4があるようだ。ここで私が打った黒G8は、その前の白がA7だった時の最善手。この進行でかなり不利になってしまった。白D2に対して黒の最善はA2で、さらに次の白にはA7とF2という2つの最善手がある。これは今度打たれてから覚えることにしよう。。。。。


・品川シーサイドオープン第4戦より


  A B C D E F G H
1++++++++
2++●+++++
3+○●●●+++
4○○●○●○++
5○●●●●○++
6○+●●●○++
7++○●●+++
8++++++++

黒 田中(二段)
白 A四段   白番

なんと3戦連続のFJT。ここでA四段はF3と打ってきた。おっ、この外しは打ちやすそうだ、チャンス!と思った私は、単に最善進行を知らない馬鹿だった・・・・・


  A B C D E F G H
1++++++++
2++●○+●++
3+○○○○○++
4○○●●●○++
5○●●●●○++
6○+●●●○++
7++○●●+++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番
白 A四段

ここからの最善進行はA3A2E1F1E2E8D8C8F7B6G1F8G5・・・・となっているようだが、ここで私はE2と打った。かなり筋の悪い手であるが、結果的にはこれがAさんのミスを誘い、何とか勝つことが出来た。


・品川シーサイドオープン第6戦より


  A B C D E F G H
1+●●●●●++
2++○●●●++
3+●●●●●++
4●●○●●●●●
5●●●●○●●●
6●●○○●●○●
7●++○○●++
8++●●●●●+

黒 S野五段
白 田中(二段) 白番

S野さんはいつも私の想像の範囲に収まらない手を連発してくるので、怖いけれども面白いオセロが出来る対戦相手である。上図までは田中流から途中優勢になりながらも差を詰められて来ていて、ここで私が打ったH3が逆転を許す悪手だった。以後、黒H2白G3の次に黒C7と打たれ、


  A B C D E F G H
1+●●●●●++
2++○●●●+●
3+●●●●●●●
4●●○●●●○●
5●●●●●○●●
6●●●●○●○●
7●+●●●●++
8++●●●●●+

黒 S野五段
白 田中(二段) 白番

何と!完全に種を消されているではないか。G2と打つとG1と応じられて困りそうなので(ー58石差負け)、白A2と打った。まぁ黒H7白G2で何とかなるだろうと思っていたら、S野さんはH7ではなく黒B2と打ってきた。いくら悩んでみたところで白としてはG2の指定打ち。そして迎えた下図。


  A B C D E F G H
1+●●●●●++
2○○○○○○○●
3+●●●●●○●
4●●○●●●○●
5●●●●●○●●
6●●●●○●○●
7●+●●●●++
8++●●●●●+

黒 S野五段  黒番
白 田中(二段)

残り時間がほとんど無かったS野さんが、ここで打ったA1が敗着になった。白にA3と入らせてしまって勝負は決まった。ここでは黒A3が正解で、仮に白がA8と取ったりすると、黒がG1H7と連打して下図の局面になる。


  A B C D E F G H
1+●●●●●●+
2○●○○○●●●
3○●●●●●●●
4○●○●●●●●
5○●●●●●●●
6○●●●○●●●
7○+●●●●+●
8○+●●●●●+


これで双方パスとなり、悲惨な終局となる。白はA8ではなくB8が最善で、それでも12石負けのようだ。


・神奈川オープン第3戦より


  A B C D E F G H
1++++○+++
2++●●○○++
3++●●○●●+
4++●○○○++
5+++○○○++
6+++○++++
7++++++++
8++++++++

黒 T畑さん  黒番
白 田中(二段)

T畑さんはこの日が大会初参加。2回戦でやはり大会初参加のT上さんに負けているので、ここは気合を入れたいところ。
上図でT畑さんが打ったG5はゼブラの評価値以上に悪そうな手で、白G4と打って以降ずっと優勢のまま勝つことが出来た。


・神奈川オープン第6戦より


  A B C D E F G H
1++○+++++
2+++○++++
3+●●●○+++
4●●●○○+++
5++○○○+++
6++++++++
7++++++++
8++++++++

黒 Y田初段  黒番
白 田中(二段)

1勝4敗で迎えた最終戦。とにかく今までどんな大会でも最低2勝はしているので、ここは絶対に勝ちたいところ。(といっても今月の名人戦での2勝はかなり厳しいのだが)
上図でのE1はよく打たれる悪手で、以後C2F3D1B1F4の手筋で一気に優勢になり、そのまま勝利。


【今日のなぞなぞ】

でかなべ「敏五郎さんは背がとっても高いですねぇ。」
敏五郎「いえいえ、それほどでも。」
でかなべ「どうやったらそんなに背が高くなることが出来るんですか?」
敏五郎「それはですねぇ、以前病院に行った時にお医者さんがある物を使って背を高くしてくれたんですよ。」


さて、ある物とはどんなものでしょう?

posted by たなか@とうかい at 21:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

品川シーサイドオープンと神奈川オープン

【コメント返し】

・6個空き問題

勉強会より.png
(黒番)

newkくん、野田立さん、しんさん、自爆王さん、kamukamuさん、解答ありがとうございます。G3が正解でした。白が打てる4箇所のどれもが黒の連打を引き出すという、面白い問題ですよね。ちなみにH3G3G1の進行は次の白がH1でもF1でも引き分けになりますが、H1のあとに黒がF1に打つと最後白H2で黒は31石で負けになってしまいます。

・一度座ったら立てない椅子

くらさん、自爆王さん、野田立さん、ありがとうございます。電気椅子が正解です。最後の”チネッ!”というのがヒントでした。こういうものには一生関わりたくないですよね。しかし野田立さんのコメントはナイスっす・・・・・・・(汗;

・空飛ぶイス

自爆王さん、ウグイスで正解です。こういったおやじギャグ的ななぞなぞは今後も随時出題していきたいと思います。

・麻雀

バタバタ3さん、今度は是非品川まで遠征に来て下さい。夜は雀荘までお付き合いさせていただきます。でも初雀荘とかって結構勢いで勝ちまくったりするから怖いんですよね〜♪


【本文】

週末の大会結果は、品川シーサイドオープンが4勝2敗の14位(39人中)、神奈川オープンが2勝4敗の30位(41人中)という感じでした。S野五段とK野三段とは2日連続で対戦し、ともに品川では勝って神奈川で負けるという悲しいことになりました。しかし、この2日間の対局はとにかく面白かったです。これからしばらくは土曜日の大会には行かれなくなると思いますが、とにかく出られる大会にはマメに参加したいです。

この3日間でお世話になった皆さん、ありがとうございました。
posted by たなか@とうかい at 23:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

5戦3勝

今、渋谷のネットカフェに来ています。
なぜ渋谷なのかというと・・・・昨日の金曜練習会の後、麻雀に誘われて渋谷の雀荘でさっきまで打っていたからです。(汗;

7時までやっていたので、かなり眠いです。
というわけでコメント返しはとりあえず後日に。。。。
たくさんのコメントがあったのに頭が働かなくてすみません。

・麻雀の結果

U田二段:−41 ±0 −22 −19 −42
Kら二段:−16 +64 −34 +8 +58
K林初段:+6 −39 +6 −40 −18
たなか@とうかい:+51 −25 +50 +51 +2

この勢いで今日の品川シーサイドオープンも頑張るぞ!


【今日のなぞなぞ】

くら「電気椅子はさすがに分からなかったなぁ。」
でかなべ「イスといえば、空飛ぶイスってのがあるんだけど知ってる?」
くら「飛行機の座席とかっすか?」
でかなべ「それはイス自身が飛んでいるわけではないから正解とは言えないですねぇ。」

さて、空飛ぶイスとはそんなイスでしょう?




ではおやすみなさい・・・・・・
posted by たなか@とうかい at 09:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。