2007年11月13日

神奈川オープン第5戦


・神奈川オープンより第5戦


  A B C D E F G H
1++++++++
2++○●++++
3+●●●●+++
4●●●●○●++
5++○○○●++
6++○○○+++
7++++++++
8++++++++

黒 ST三段  
白 田中(二段) 白番

STさんとは初対面だったのだが、どうもそんな気がしないような雰囲気があって楽しい対局になった。しかしその声といい口調といい、私の天敵ランキング第1位のO栗三段を連想させるものがあって、私が白番になってしまったら岩崎流を打たれるのではないかとヒヤヒヤしていた。7手目で黒F4に打って来た時はちょっとホッとしたのだが・・・・
さて、上図までお互い最善進行で、ここで私の頭の中には8月の三河オープンでのSん四段との対局がフィードバックされていた。そう、ここまで来たら田中定石発動のチャンスである。ちょっと考えて決断し、白G6に打った。


  A B C D E F G H
1++++++++
2++○●+○++
3+●●●○+++
4●●●○○●++
5++○●○○++
6+●●○○+○+
7+++●○+++
8++++++++

黒 ST三段  黒番 
白 田中(二段)

田中定石を打つためには、ここで相手が最善手F6を打ってくれる人だということを見極めなければならない。STさんはここまで3勝1敗、全て黒番で、しかも私が2手目で斜めに打ったのを見て、ここまでの相手はみんな縦に打ってきたので得意の斜めが来て嬉しいと言っていたほどなので、当然ここでも最善のF6を打ってきた。ここで私はA3と打ち、下図の局面。


  A B C D E F G H
1++++++++
2++○●+○++
3○○○○○+++
4●○●●○●++
5++○●●●++
6+●●●●●○+
7+++●○+++
8++++++++

黒 ST三段  黒番 
白 田中(二段)

ここでの最善は黒A5。しかし、実際にはここに気づかずにF3に打ってしまうのが田中定石の狙いである。黒F3と打つと、次の白E2が好手なのである。もっとも、ここから先の研究を怠っていたために、優勢を少しずつ詰められてしまった。そして迎えた問題の局面(下図)。


  A B C D E F G H
1++○○○○++
2++○○○○++
3○○○○○●●●
4○○●●●●●+
5○●●●●●++
6+●●●●●○+
7+++●○+++
8++++++++

黒 ST三段 
白 田中(二段) 白番

ここでの構想は、白のG6の石を消してからA6に打ちたいというものだったが、この考えがすでに間違っていたようだ。ここで打ったH5が敗着となった。以後、H4H2H6となって盤面を見てみると


  A B C D E F G H
1++○○○○++
2++○○○○+○
3○○○○○○●○
4○○●●●●●○
5○●●●●●+○
6+●●●●●●●
7+++●○+++
8++++++++

黒 ST三段  
白 田中(二段) 白番

確かにここでA6と打てば黒H1白A7で黒はG1に入ることができない。しかし左上の4個空きで3手稼がれてしまうので、最初の構想を断念。結局この時にH5と打ったことを悔やんでも後の祭りであった。泣く泣くH7と取ったのだが、これが最善であったもののゼブラ評価値はー8、A6だったらー10だった。


  A B C D E F G H
1++○○○○++
2++○○○○○○
3○○○○○○○○
4○○○●○○○○
5○●○○●○○○
6+●○●○○○○
7++○○○○+○
8++○+●●●+

黒 ST三段  黒番
白 田中(二段)

ここはもう黒A2しかない局面であるが、もう負けだぁと思いつつもこっちは考える必要のほとんど無い局面で、STさんはかなり時間を使ってじっくりと考えていた。結局最後まで双方最善で、30−34で敗戦。

posted by たなか@とうかい at 22:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。