2007年11月11日

神奈川オープン第3戦 A

昨日は帰宅時間が遅かったのと、今日の朝は早い時間に家を出なければならなかったのとで、昨日のブログは結論先延ばしの超手抜きブログだったのですが・・・・・

こんなにたくさんコメントがつくとはビックリです!
というわけで今日はコメント返しの前に、本文から書きます。


【本文】


・神奈川オープンより第3戦(続き)


  A B C D E F G H
1++++++++
2+++●+○++
3++○●○+++
4++●●●●++
5+++●○+++
6+++●++++
7+++●++++
8++++++++ 

黒 A山初段  
白 田中(二段) 白番


さて、昨日書いたこの局面。今朝家を出る前にゼブラ完全読みでの解析を開始し、先ほど帰宅して確認してみたところ・・・・・

解析が全然終わってない!!

人間よりもコンピューターのほうが強いと言われているが、やはりコンピューターでも限られた時間では読みきれないのだ。とりあえず途中経過での評価値としては

  A B C D E F G H
1++3+5+++
2+++●+○++
3++○●○+2+
4++●●●●++
5++3●○+2+
6+++●++++
7++1●++++
8++++++++ 
(白番)

という感じで、どこもプラス評価である。しかしまぁ、ひらめ定石のように、研究さえしておけばこの進行でも有利に持っていくことはできるのであろう。ここでC5に打った私に、A山さんはE1が実は最善らしいということを教えてくれたのだが、さすがにD7に打ってくるだけのことはある。そして黒F3と打ってきた時に私の頭の中に浮かんだ格言がこれ。

”前の局面の最善は今の局面でも最善”

ということで迷わずE1に打ったのだが、これは短絡的な発想だったようである。しかも次のE6に対してF6なんていう手を打ってしまい、明らかに不利になってしまった。


  A B C D E F G H
1++++○+++
2+++○+○++
3++○●●●++
4++○○●●++
5++○●○+++
6++●●●○++
7+++●++++
8++++++++ 

黒 A山初段  
白 田中(二段) 白番

そしてここでの最善は・・・・・難しすぎて打てなかった。あとはもうずるずると打ち進めるだけで、24−40で敗戦。


【コメント返し】


・くらさん

某押●さんの日記を見ることでこの局面に対処できたとしても、エロキモイ打ち方に感染してしまいそうなデメリットを考えると判断が難しいところですね。(笑)


・亠付き茶さん

そうですよね。知らない定石だと素直な打ち方ほど罠にかかってしまいそうな怖さがあるのですが、結局C5が駄目だったとしても負けて経験になるだろうと思って打った次第であります。


・自爆王さん

自爆王さんのように、C5に打つ際に思考の裏付けがあるといいのですが、結局私は何となくという感覚でC5に打ってしまったところが一番の違いだと思います。ちょっと予想外の手に思考を乱されてしまったのかもしれません。


・押●さん

ち、違うのって何でしょう?(汗;
私は快速船とか虎とか知らないのでオススメかも。。。。


・バタバタ3さん

人によって最善が違うというのはスルドイ御意見ですね。そういうことを考えると、対戦相手によって打ち方を変えられるような幅広いオセラーにならないといけないとも思うのですが、それがまた難しいです。
リンク、ありがとうございました。これからも時々カキコさせていただきますね〜♪

posted by たなか@とうかい at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。