2007年10月09日

品川シーサイドオープン第3戦・第4戦

【コメント返し】

・小林 学さん

この2つの違いはやはりサーモンよりもカキフライが原因でしょう。
小林さんもそろそろ、朝鮭定食のほうを選ばなかったことを後悔しているのでは?(笑)


【本文】


・品川シーサイドオープンより第3戦


  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3++○○○●++
4++●●●+++
5+++●○+++
6++++++++
7++++++++
8++++++++ 

黒 N野1級  
白 田中(初段) 白番

以前は蛇と大量取りが大嫌いだったが、今一番嫌いなのはこれ、5手目黒F3である。三河オープンでLイd四段やY田2級にこれで負けて以来トラウマになっているのだが、こうしてブログにも書く以上、きっちりと研究しなければならない。でもなぁ。。。。。


  A B C D E F G H
1++++++++
2+++●○+++
3++○○○●++
4++○○○○++
5●●○○○○++
6+●○○○+++
7++●●●+++
8+●●●●+++ 

黒 N野1級  
白 田中(初段) 白番

ここまでF3の貯金で優勢を維持してきたが、ここで自分でも不思議な一手を打ってしまった。白A4である。黒A3に白A6がまた悪手。自分の負けパターンを象徴するような展開で、あとは坂道を転げ落ちるように悪い状況へ。


  A B C D E F G H
1+++○++○+
2++●○○○++
3●●●●○●++
4●○●○●●++
5●○○○○●●+
6+○●○○●○+
7○+●●○+++
8+●●●●●●+ 

黒 N野1級  
白 田中(初段) 白番

ここではもうどうにもならない状況で、よほどF7とでも打ってしまおうかと思ったのだが、気を取り直してC1へ。でも実はF7が最善だったなんて・・・・
まったくいいところ無く9−55で敗戦。


・4回戦


  A B C D E F G H
1++○+●●●+
2++●●●●++
3++●○○+++
4++●○○+++
5+++○○+++
6+++○++++
7++++++++
8++++++++ 

黒 M田初段  
白 田中(初段) 白番

M田くんには8月の天王洲カップで一度やられている。4回戦の対戦表が張り出された時に、M田くんの名前を見てすぐにその時の棋譜をチェックしたところ、蛇で上図の進行から私がここでB4に打っていた。とりあえず同じ進行になったらB5にしようと決めていざ対戦へ。
伏石で勝った私は、普段は迷わず白を取るのだが、今回はちょっとした心理作戦に出た。必殺つぶやき作戦である。
「前回はM田くんに蛇やられて負けたんだよなぁ。どうしようかなぁ。。。。。うーん。。。。。引き分け勝ちいただきます!」
M田くんが黒を選んでくれたので、心の中でガッツポーズをしたのであった。(M田くん、ごめんなさい)
実戦でもまったく予想と同じ展開で上図になったので、B5に着手した。


  A B C D E F G H
1+○○+●●●+
2++○○●●++
3++●○○●++
4++●●○○++
5+○●○○+++
6+++○++++
7++++++++
8++++++++ 

黒 M田初段  黒番
白 田中(初段)

ここで打たれたA5が黒の敗着となった。白B6として必勝体制である。あとは優勢を拡大し、最後M田くんの驚異の粘りで差はつまったが28−36で勝利。


posted by たなか@とうかい at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。