2007年09月15日

りんかいチャレンジカップ第6戦

王座戦の話題で持ちきりの時にブログを書くのはタイミングが難しい。。。。
選手の皆さん、頑張ってください。


・りんかいチャレンジカップより第6戦


  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3++++++++
4+++○●+++
5+++●○+++
6++++++++
7++++++++
8++++++++ 

黒 O竹初段  黒番
白 田中(初段)

O竹初段とは公式戦では2度目の対戦。(この「O竹初段」という表記もどう書いたものかと迷ったのだが、「Uきわ」と言われるのをどうも御本人は快く思っていないようなので普通にしました。)
さて、上図において次は黒の手番。当たり前といえば当たり前のことだが、オセロは黒の人から打ち始めて交互に打つゲーム。しかし、このゲームを開始する鍵を握っているのは白番の人なのだ。白番の人が対局時計を押すことによって、それでゲームが始まるのである。

たなか@とうかい「よろしくお願いします。」
O竹初段「よろしくお願いします。」 対局時計ポチッ!

・・・・・・一瞬どうしていいか悩んでしまった。しかし、こうしてネタにして書いている私だが、同じような失敗を過去にしたことがあるということは内緒にしておこう。。。。。。


  A B C D E F G H
1++++++++
2+++●●○++
3++○○●+++
4++○○●●++
5++○○○+++
6++●○++++
7++++++++
8++++++++ 

黒 O竹初段
白 田中(初段) 白番

この日は品川にちょっと早く着いてしまったので、会場近くのマクドナルドでチキンフィレオ(そんな名前だったかな?)のバリューセット(飲み物はもちろん爽健美茶)を食べながら電脳コブラをやっていたのだが(対戦コブラは食べながらだと打ちづらい)、ボロ負けした試合を研究コブラで復習した時の展開がまさにこの上図の進行であった。普段はここでF5に打つのだが、研究コブラの出した評価値はF3が+4(F5は+0)だったので、ここはそれに従ってF3に打つ。次にG4に打たれたが、そうなった場合にはF5に打つということも研究コブラで調査済みだったので(見ていなかったらD1あたりに打ってしまいそう)、まさに研究コブラさまさまである。


  A B C D E F G H
1++++++++
2+++●●○++
3++○○●○○+
4++○○○○●+
5++○○○○●+
6++●○++++
7++++++++
8++++++++ 

黒 O竹初段  黒番
白 田中(初段)

ここで早くも黒に敗着が出てしまった。B4である。白E1と取りながら、もうこの試合は負けられないと思っていた。ここからは黒も好手の連続で、それに対し白も大きなミスをすることもなくリードを守り続けて迎えた以下の局面。


  A B C D E F G H
1++○○○+++
2++○○●○+○
3+●○●○●○○
4●●○●●○○○
5+●○●○○○○
6●●○○●○○○
7++○●●+++
8++++●+++ 

黒 O竹初段  黒番
白 田中(初段)

ここは黒にF1と打たれてもB列が全部黒なのでG1と応じて大丈夫だと思っていた。ところが実戦では上辺を放置して黒D8。白F1と取って終わってしまった。


  A B C D E F G H
1○●○○○○++
2○○○○○○+○
3○○○●○●○○
4○○●○●○○○
5○○○●○○○○
6○○●○●○●○
7○●●●○○○○
8+++●●○○○ 

黒 O竹初段  黒番
白 田中(初段)

この時点で黒の残り時間はかなり少なくなっていた。G2に置いたO竹初段、慌てていたのかF2・E2と返し始める。こっちも慌てて指摘したが、勢いでB2まで返してしまったO竹初段、返し戻してG列の石を返し、時計を押したところで残り時間は2秒になっていた。当然のように次の手で針落ちしたのだが、私がC8から打ってしまったために針落ちのメリットは何もなく、45−19で勝利。

でもあと一手早く針落ちさせていたら、7位だった順位が5位になってたんだなぁ。。。。
posted by たなか@とうかい at 22:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。