2007年09月13日

りんかいチャレンジカップ第4戦

・りんかいチャレンジカップより第4戦


  A B C D E F G H
1++++++++
2++○●+○++
3+●●●○+○+
4+●○○○○++
5●+○○○●++
6++○○○●++
7++++++++
8++++++++ 

黒 T本1級  黒番
白 田中(初段)

T本1級とは初対戦。ここまでKしあん二段に負けただけでS野五段にも勝っているようだったので、かなり警戒しての序盤戦。裏こうもりの進行を知らないと言いつつ坦々と打ってきたのでかなり不安だったのだが、上図から黒に悪手がでた。G5である。白D1で一気に優勢になった。


  A B C D E F G H
1+○○○○○++
2++○○○○++
3+●●○○●○+
4+●●●●○●●
5●●○●●●●+
6●+○○●●●○
7++++●●++
8++++●+++ 

黒 T本1級 
白 田中(初段) 白番

ここでの最善は白H5。もちろん考えたのだが、H7と取られた時に自分からH3に入れない展開に自信を持つことが出来ず、さらに悩んだ末にA4に打った。これが次善手で特に悪い手ではなかったのだが。。。。。


  A B C D E F G H
1+○○○○○++
2++○○○○++
3+○●○○●○+
4○○○○○○●●
5●○○●○●●+
6●●●●●●●○
7++○●●●++
8++++●+++ 

黒 T本1級 
白 田中(初段) 白番

A4の後、D7C7B6と進んで上図。ここで私が打ったA7が逆転の大悪手。白B8と応じられたら負けるところだった。幸い黒はA2と悪手に悪手でお付き合いしてくれたので助かった。
私がD8に打つことが出来なかったのは、黒A3と取られたらどうしていいか分からなかったからだ。でも実際にD8A3と石を返してみると

(参考図)
  A B C D E F G H
1+○○○○○++
2++○○○○++
3●●●○○●○+
4●●○○○○●●
5●○●○○●●+
6●●●●●●●○
7++○○●●++
8+++○●+++ 

こういう図を見ればB7に置いて大丈夫というのがイメージ沸くんだけどなぁ。。。。。
あとは特に危険な目にあうこともなく、39−25で勝利。

第3戦もそうだったが、どうも相手の応手を読む時にC打ちというのが欠如しているようだ。今後気をつけなければ。

posted by たなか@とうかい at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。