2007年09月11日

りんかいチャレンジカップ第2戦

【コメント返し】

・san_no_sanさん

書き込みありがとうございます。なんたって御夫妻で有名人ですから、こういうこともあるんですね。あの後、その偶然会ったオセラーさんに会いにお台場まで行ったのですが、彼もここのブログを読んでいるそうなので、san_no_sanさんのカキコを読んで再度ビックリしているかもしれません。

美味しいピザも食べてみたいですが、さすがにオセロ遠征はしてもピザ遠征は・・・・・
品川にそのお店がオープンしたら是非行きたいです!


【本文】


・りんかいチャレンジカップより第2戦


  A B C D E F G H
1+++○++++
2++○○++++
3●●●○●+++
4+●○○○●++
5++●○○+++
6++++○+++
7++++++++
8++++++++ 

黒 M初段 
白 田中(初段) 白番

M初段との対戦も2度目だが、他に先月の金曜練習会で一度打っている。その時は終盤かなり面白い展開で引き分けだったので今回も接戦になると思ったのだが、思いがけない内容になった。
さて、上図はすでに私の暗記にはない進行なのだが、第1戦のH6と同じような悪手を打ってしまった。白A5である。ここはF1〜A6ラインを守るような打ち方が最善で、C6というのが一番良かったようだ。ここから白やや不利になる。


  A B C D E F G H
1+++○++++
2++○○●+++
3●●○●●+++
4+●○●○●++
5○●●●●+++
6○○○●○+++
7++○+++++
8++++++++

黒 M初段 
白 田中(初段) 白番

上図では次の黒F3を防ぐためにD5の黒石を消さなければならないのだが、ここで打ったF5が大悪手。D7に打つべきであった。D7に打てば黒は下の白壁を崩さなければならず、そうなればまだなんとか試合になったのだ。黒F7に対し白D7、黒C8に白F1と、もうどうにもならなくなってきた。この時点でゼブラ評価値ー23である。


  A B C D E F G H
1+++○+○++
2++○○○+++
3●●○○●○++
4+●●○○○○+
5○○●●○○++
6○○●○○+++
7++●○+●++
8++●+++++

黒 M初段   黒番
白 田中(初段)

ところがここで黒がE1と打ってきて(+3)分からなくなってきた。
ところがここで白がC1と打ってしまい(−16)また劣勢に。
ところがここで黒がF2と打ってきて(+6)またちょっと希望が出る。

その後微妙な筋で逆転し、迎えた下図の局面。


  A B C D E F G H
1++○○●○++
2+○○○●●+●
3●○○○●○+●
4●○○○●●○●
5●○○●○○++
6●●●○○○++
7●+●●○●++
8++●●●●●+

黒 M初段   
白 田中(初段) 白番

ここは本当に悩んだ末、分からずにG3に着手。しかし勝てるのはG5のほうだった。G3に対して黒G2で白はラインを切ることができず、B8A8B7という交換を入れたものの黒B1でごっそりと持っていかれてしまった。
しかし、その次に打った白G7に対し、黒は隅に入らずにH7。これでー4石差形勢になり、そして迎えた問題の局面。


  A B C D E F G H
1○○○○○○++
2●●●○●●●●
3●●○●●●○●
4●●○○●○○●
5●●○●○○+○
6●●●○○○+○
7●●○●●●●○
8●●●●●●●○

黒 M初段   黒番
白 田中(初段)

ここで黒の打てる箇所は2つ。どちらに打っても白は3連打できるのだが、黒G6と打たれると白は30石までしか取れないのに対し、実戦で打たれた黒G5により白はH1G1G6と打って35石。絶対負けたと思っていたのに数えてみてビックリした。35−29で勝利。

posted by たなか@とうかい at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。