2007年08月07日

三河オープン1戦目再考察&2戦目

昨日の続きで三河オープンの2戦目に入るつもりだったが、その前にまずは昨日の最後の展開について再考察。


  A B C D E F G H
1+++●++++
2++○●●+++
3++○●●●○○
4●+○●●○○+
5+●●●○○○+
6○○●○○○○○
7++●●●●++
8+●●●●●++

黒 田中(初段) 
白 Lイd四段 白番

昨日のブログに書いた内容では最善手A5でゼブラ評価値−5ということだったが、実はこれは引き分けになる展開だということがLイdさんのブログによって解明された。ゼブラ16手読みで−5だったものが、24手読みだと引き分けだったのである。
以後、双方最善(A5A7F1E1)で進み、次に白がF2に打った局面が下図。


 A B C D E F G H
1+++●●○++
2++○○○○++
3++○○●○○○
4●+○●●○○+
5●○●○○○○+
6●●●○○○○○
7●+●●●●++
8+●●●●●++

黒番

はい、Lイdさんのところからぱくりました(´゚ω゚):;*.':;ブッ   ←しかもこの文章もパクリ。
ここで注目すべきは、白の狙いは下辺のウイングであって、そこに到達するためにここから右辺全部を黒にやすり攻めさせるという大胆なもの。
実際ここからG1G2H1H2H4H5H7と進んで白にG7と打たれると黒は負けてしまうのである。(下図)


 A B C D E F G H
1+++●●●●●
2++○○○●○●
3++○○●○●●
4●+○●●●○●
5●○●○○●○●
6●●●○○○○●
7●+●●●●○●
8+●●●●●++

黒番

この図の局面ですでに黒−12。黒が引き分けに持っていくためには黒H1白H2の次に黒C1と打たなければならないのだが、こんなもん絶対にH4と打つ自信がある・・・・・(悲)
昨日以上にオセロの怖さを思い知らされる結果になった。


では気分を変えて第2戦へ。


  A B C D E F G H
1++++++++
2++●+++++
3+○●●●+++
4○○●○●○++
5○●●●●○++
6○+●●●○++
7++○●●+++
8++++++++

黒 田中(初段)
白 Sん四段  白番

Sん四段ともこれが2回目の対戦。前回対戦は5月の木曽川オープンで、普通の敗戦のはずが終盤にこちらの狙いを全部消されてボロボロになってしまったのは記憶に新しい。
しかし、Sん四段の本当の恐ろしさを知るのはまだまだこれからなのであった。
上図はよくある虎の最善進行。ここで白C8とかE8という手はよく見るのだが、Sん四段はここでD1に。私はD1も最善ということを恥ずかしながら知らなかった。
その後C1E2D2F3と進んで下図。


  A B C D E F G H
1++●○++++
2++●●○+++
3+○○○○○++
4○○○●●○++
5○○●●●○++
6○+●●●○++
7++○●●+++
8++++++++

黒 田中(初段) 黒番
白 Sん四段

ここでE1に打てばまだ最善進行だったらしいが、私はA3に打った。白A2黒B6と進み


  A B C D E F G H
1++●○++++
2○+●●○+++
3○○○○○○++
4○●○●●○++
5○●●●●○++
6○●●●●○++
7++○●●+++
8++++++++

黒 田中(初段)
白 Sん四段  白番

ここで私の狙いは白A7なら黒F1というもの。しかし実際には白にE1と打たれてしまって、一気に不利な局面へ。そうだよなぁ、自分が白だったらE1に打つよなぁ。。。。。


  A B C D E F G H
1+○○○○+++
2○+○○○+++
3○○○○○○++
4○●○●●●●+
5○●●●●●++
6○●●●●●●+
7++○●●+++
8++++++++

黒 田中(初段)
白 Sん四段  白番


E1に対して黒F1と取るのはあまりにも悔しい展開なので、黒G6と置いた。対して白はB1へ。ここで黒G4とし(上図)、次に黒F1白G1黒F2という手を狙っていた。
ところがSん四段はG5に。ここ消しておこう、とB5の黒石を返していた。B5の石を返すのだったらB7かE8に置いてほしかったなぁ。
F1に置かれなくなったのは本当に痛かった。


  A B C D E F G H
1+○○○○+++
2○+○○○+++
3○○○○○○●+
4○●○○○○○○
5○○○○●○○+
6○●●●●●●+
7++○●●+++
8++++++++

黒 田中(初段) 黒番
白 Sん四段

少し進んで上図。ここでH3かH5かでかなり悩んだ。多分H3のほうがいいだろうと思い、H3に打った場合のその後の展開ばかり考えていた。白は間違いなくH5に打ってくるはず。黒はH6と取るしかない。すると白にC8と打たれた場合にA2〜E6が全部白なのでF7に打つことができない。かといってE8に打つと白A7としてB6の黒石を消されてD8にも打つことができなくなる。あぁ、これでは負けだ〜!という結論に。
(実はその展開では黒F2で引き分け形勢だということはゼブラ見るまで分からなかった。まぁそれ以前に白C8のところで白A7と打たれたら普通に負けるのだが。)
H3でこれだけ考えたのに、ほとんど考えていなかったH5に可能性をかけて打ってしまったのだが、完全な敗着はその後白H3に対して黒H2と取ってしまったところにある。これは上辺の白の形が不安定なので、右辺を攻められてH1に入られてしまっても上辺から左辺と攻撃できるのではないか、という安易な考えである。しかし・・・・


  A B C D E F G H
1+○○○○+++
2○+○○○++●
3○○○○○○●●
4○●○○○●○●
5○○○○●●●●
6○●●○●●●+
7++○○●+++
8+++○++++

黒 田中(初段) 黒番
白 Sん四段


この白D8で全てが終わったことを悟った。黒E8に対し白C8で、やはり黒はF7に入れない。
最終的には24−39と、石数だけはなんとか体裁を整えることができた。

これだけ強いSん四段、どうして○○○○○争奪戦ではなかなか勝てないんだろう。。。。。
posted by たなか@とうかい at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。